◆ 第7回ガッツリ練習会 ◆

6月27日(土)は、第7回ガッツリ練習会!
天候は曇りで、10時頃は風は無く、凪状態・・・
のんびり沖合で、お互いの近況話をしながら風待ちをした。

2_20150630230139a33.jpg

11時頃、少し風が吹いてきたので回航&クルーワーク練習を約1時間行う。
微風時のポジションは艇に寝そべって、出来る限り風の抵抗を減らすようにするが、レース本番の際は艇内に1~2人入ることになるかな・・・

3_20150630225841d2f.jpg

12時頃に、また風が弱くなってきたので昼飯タイム! 

昼飯は毎回オリジン弁当を前日の夜にクルーの人数分を予約し、朝一で取りに行き準備をしてきるが、この日はとんかつ弁当にナスの味噌炒めを別途トッピングしていた! 中々、美味かった!

昼弁と休憩を終えた13時頃になると、また風が吹いてきたので練習再開!

4_20150630225843d9f.jpg

これまでの練習では、上マーク回航のレイラインに対してギリギリ入る回航テクニックを学んだが、今回はレイラインに余裕がある場合、1艇副ほどマークから離れた位置からジブ裏にマークが見え始めた辺りでバウダウンし、艇の横っ腹をマークが最短で通過する際に、ダウンレグのポジションになる回航練習を行った。

アウトサイドからインサイドへのイメージになるが、下マーク回航も同じイメージになる。
イメージがあっても実際にコース取りをすると大回りや小回りになる。
その際にティラーの切り方も雑になってしまうが、スムーズに切れるようになればラダーへの水流抵抗が少なくなり、結果的には艇速を落とさないで回航が出来ることになる。

P6270001.jpg

このイメージを意識して実際に出来るかどうかが、その艇の速さにつながる感じもする。
そして、回航時のクルーバランスも重要で下マークからの回航後のクローズは、素早く適正な上り角度とオーバーヒールをさえないかがポイントなる! 

P6270006.jpg

艇の回航も車のコーナリングと一緒で、アウトサイドからインサイドへ向けるようなライン取りが大事だね。

今回、メントリが忙しく練習に参加出来ていませんので、メントリが、スピントリ、とジブトリも兼任し1人でさばくため、かなり慌しい動きになってしまいます。
私もメインシートを引きながらのティラー操作はどうしても雑になってしまい、理想のコース取りを描けないことが多いですが、メントリが練習に参加できるようになれば、今より正確な動きが出来るようになると思います。

練習コースは、今までも行っている上マーク~下マーク間のクルクル練習ですが、約5分前後で1周するかなりハードな設定で行っています。
今年から新メンバーとなったバウマンも大忙しですし、ピットも上マーク回航後の即ジャイプセットでは、回航後バウに移動し、マンポールをおこなっています。

練習の終盤は約1時間クルクル練習をしましたが、まだまだ完成度を高める伸びしろはありますので、次回7月11日に予定している第8回ガッツリ練習会では、今よりもバタつかない正確な動作が出来るようにしたいと思います。

2_201507010013237be.jpg
3_20150701001325eba.jpg
4_20150701001326e44.jpg
5_201507010013271ff.jpg
6_2015070100132929a.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11_20150701001402f4f.jpg
12.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。