◆ 第3回ミニトン九州選手権大会 ◆

5月30日(土)~31日(日)の2日間、鹿児島県の桜島に近い錦江湾で第3回ミニトン九州選手権が開催された。

大会運営のサポートのため29日の夜、飛行機にて鹿児島入りしたが、この日の朝、鹿児島県の口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生した影響で、南風に吹かれた火山灰が鹿児島市内も降り注いでおり、車道は車が通過すると粉塵が舞い上がっていました。

宿泊先としてお世話になったレンブラントホテルは、桜島が見の前に見える湾岸に面した良いホテルでした。
残念ながら30日の朝は曇り空ため、桜島はぼんやりとしか見えませんでした。

11070070_830489647031913_8090059947736604900_n.jpg

大会1日目の午前中は受付とインスペクション、そして12時から艇長会議が行われ、今回大会運営のサポーターとして、私と一緒に参加したイーグルチームの齋藤さんと、琵琶湖から参加頂いた日本ミニトン協会の守本会長の3人は、ジャッジボートに乗船しレース海面へ出航!

photo.jpg

19.jpg

日本ミニトン協会九州支部の剥岩さんがボートドライバーを担当し、レースの写真や映像を撮影する”きりしま空撮”のスタッフの皆さんも同乗しました。

26.jpg
89.jpg

今回の大会を、ヘリとドローンで空撮し、ミニトンレースのプロモーションビデオを制作するようです。

第3回ミニトン九州選手権ダイジェスト映像

1日目のレースは、金谷港からスタートし桜島の南側に位置する沖小島を時計廻りで回航して、スタート地点に戻るショートディスタンスです。

海上のコンデョションは微軽風! 風向は東寄りでしたが安定していませんでした。
予定時刻より少し遅れましたが、6艇が13時35分にスタート!

11235326_830699317010946_3069146928423484631_n.jpg

スタート直後各艇が左右に分かれ、沖出しする艇と陸寄りに進路をとる艇がおり、風のブローもスポット的に吹いている所もあれば、無かったりとかなり厳しいコンディションでした。
沖出しした艇はスピンアップし、上り気味に帆走し風を捕えた艇とそうでない艇にかなりばらつきが出ました。
途中、急に雨模様になり時折激しく降る時もありましたが、風は無風にはならなかったので何とか各艇が帆走し続けることが出来きました。しかし、このペースで沖小島を回航しスタート地点に戻ることは難しいと判断し、コース短縮!
沖小島の手前にフィニッシュラインを設定!

11061772_830699390344272_5916549569075847044_n.jpg

ファーストフィニッシュは、Condition Green艇(TAK-1/8)が1時間12分台で、最終フィニッシュ艇も1時間30分台でした。
風が弱く振れもあったようですが、大きくコースチェンジを行わずストレートなコース取りを行った艇が結果的には上位でフィニッシュした感じでした。

71.jpg

レース後の夕方から、ウエルカムパーティーとして、近くのドライブインのレストランで行われた。
ミニトンの参加艇以外に、別途、レースが開催された参加艇の皆さんと合同でのパーティーとなり多くのセーラーが集まりました。

25.jpg

2日目は上下4レグのブイレースが行われ、9時に第2レースのスタートを行ったが風が弱いため中止し、風待ちを1時間以上行った。何とか10時半頃に南風が吹いてきたので、コースを設定し10時45分にスタート!

風速は6ノット前後で、微軽風に強いCondition Green艇が先行!
そして、風を上手く掴みコース取りが良かった、SILKRODA艇(Y23Ⅱ)が良いポジションで上マークを回航!
結果的にSILKRODA艇が3秒差で着2位でフィニッシュし修正で1位になった。

65.jpg

第3レース目は、更に風が振れたのでマークを打ち直しスタート!
風も強くなり8~10ノットくらいになったので、レースも早目に展開したが、TAK-1/8、YOKOYAMA22の2艇が先行しY23Ⅱの2艇が追随し結果もその順位となった。

74.jpg

第3レースの終了が13時30分を過ぎたため、帆走指示書によりそれ以降のレースは行われないため、大会は3レースで終了となった。

54.jpg

私達は、帰りの時間の関係で表彰式には同席出来ませんでしたが、今回、大会運営サポートに参加させて頂き、日本ミニトン協会九州支部の関係者皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
今回、通常の乗船する人数より1~2人少ないクルーでの参加艇が多く見受けれましたが、それでもレースに参加する九州の皆さんのミニトンレースに対する熱い気持ちを感じました。

第3回ミニトン九州選手権写真アルバム

67.jpg

今年の10月10日(土)~12日(月・祝)の3日間で、第35回ミニトン全日本選手権(九州大会)が、この錦江湾にて開催されます。
2012年に九州では初めて全日本が開催され、今年は2度目の全日本開催となります。

日本ミニトン協会 九州支部HP

今回のミニトン九州選手権には、仕事の都合で参加できなかった艇も多かったようですが、その艇が全日本には参加されるようです。
更に、関西勢として琵琶湖からは3艇が参加予定で、3艇とも過去に全日本優勝経験がある強豪艇です。
関東勢から何艇参加されるかまだ解りませんが、イーグルⅠ世としては、自艇を鹿児島まで陸送し参加したいと思いっています。

近年、ヨット界はクルー不足やレースをやめてしまう方が増えており、ミニトンレース界に関しても同様のことが言え深刻な状況でもあります。

25フィート以下のミニトンクラスは、手軽なサイズでクルーも少人数で帆走出来る艇です。
のんびりクルージングもいいですが、やはり、レースも覚えればもっと楽しいかと思います。
初めから勝つのは難しいかいかもしれませんが、それは、どんなことをする場合でも同じことで、徐々に上手くなって行く事が楽しみにもつながると思います。

3_201506111427300b4.jpg

4_20150611142702691.jpg

Y23Ⅱ艇などは、シンプルな艤装でヨットを覚えるには最高の艇だと思います。
中古艇も手頃な価格で購入でき、チューニングしようと思えばそれなりに奥も深い艇です。

DCIM0772.jpg

私はこの艇に乗って15年になりますが、ここ数年で色々なことが解ってきました。
もしも、この艇のセーリングやチューニングに興味がある方がおりましたら、是非、ご連絡ください。

今まで集めた情報や技術は自艇やチームの宝でもありますので、非公開なこともありますが可能な範囲でご協力したいと思います。(^_-)-☆

そして、クラブレースや、ミニトンレースに参加してみて下さい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。