◆ 遠征前の船外機フルメンテ ◆

10月の琵琶湖遠征前に、船外機のフルメンテを行った。

水冷ポンプのインペラ交換がメインだが、その他、プラグ交換や、動きが重くなったギヤレバーシャフトの調整、キャブ点検、排水ホースの点検、レバーノブの取り付けなど・・・

Dcim0755

当初、自分で全て修理しようと思ったが、専門業者に依頼する方がリスクが少ないので、マーキュリージャパンサービスステーションを行ているケンマリンサービスに依頼した。

マーキュリーエンジンに関しては最強の業者さんだと思います。

Dcim0752

ケンマリンサービスは東京湾マリーナ内に修理工場があり、夢マリとは近いので、今週の始めに本体を車で持ち込んで修理が完了した土曜日に取りに行った。

さすが、プロの仕事! 完璧でした。

古いインペラは破損していなかったが、使用して約1年半経つので替え時だったようだ。プラグも交換! 動きが重かったシフトレバーのシャフトは交換するほどではなかったようで分解しグリスアップされた。今までの動きに比べると、かなり軽くなった。

スロットルとチョークレバーのノブが外れていたが、新しく取り付けてもらったが、やはり、レバーノブがあるといいね!

早速、イーグルに取り付けて機走してみたがスロットルの吹け上がりや、エンジン音もいい感じでした。

これで、また一つ、遠征前の準備が完了しました!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。