◆ Y23用 シーブBox交換! ◆

8月12日(火)にシーブBoxの交換を行いましたが、この日の天候は曇りで雨が降ったり止んだり・・・

メンテ日和かと思いましたが、結構、しんどい一日でした。

作業は1人になるかと思っていたら、尚登君がマリーナに来ておりストレイドックのオーナーが今年所有した、パワーボートの船底塗装に来ていたようでした。

P8120056

そこで、マストを倒す時と立てる時に手伝ってもらいましたが、2人なので夢マリが所有している高さ3m弱の脚立を借りバウにセットしてマスト倒し!

脚立がマストを倒す際に天秤の役目をして、2人でも力を掛けずに作業が出来るようにしました。

P8120058

倒した後に古いシーブBoxを外すと、やはりジブハリ用シーブの軸受ピンが抜け掛かけていました。

P8120043

以前と同じで予想通りの原因ですが、ピンを手で押したら抜けましたのでかなり危ない状態でした。

P8120044

早速、新しいシーブBoxと交換作業ですが、新しいBoxは取り付ける際のねじ穴がないため、その作業が必要になります。

そして、ジブハリはワイヤーからハイテクシートに変えているので2連のシーブを外し、幅の広い1個のシーブと交換!

スピンハリは別取りしているので、スピン用シーブを取り外し、その穴を水道管止水用テープを張ります。

P8110041_2

P8120047

P8120054

Boxにねじ穴を開けますが、この作業はかなり正確に開けないと後でねじが入らなくなってしまいます。誤差は0.1mm以内でしょうね!

P8120060_2

ロックボルトの太さをノギスで測ると5.7mmでしたので、まずは3mmで道穴を開け、途中、穴のセンターを何度か確認しど真ん中になるように微調整!

P8120072

次に4.8mmでドリルで慎重に開け、最後はねじ穴にタップを切ります。

潤滑剤を吹き付けながら、素材が焼けないようゆっくり削って行きます。

そして、出来上がり! 

ねじ穴の誤差がほとんどなく仮止めしましたがバッチリでした。

P8120073

見た目もスッキリし、ホコリや雨の侵入対策も万全です。

P8120086

P8120085

これで、次回の練習会からは、ジブハリもスムーズに上げれると思います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。