◆ TBCレース&TYCレース ◆

5月11日(日)のTBC第3戦にはイーグルで参加し、18日(日)のTYC第3戦にはストレイドックにて参戦!

どちらものレースも、風は軽風・・・

TBCレースは4人が乗船することになり、これまで1戦、2戦はダブルハンドでしたので、それに比べれば、スピンの上げ下げは楽でした。

Tbc31

1レース目は、本部船からスタートする練習を兼ねて行い、当艇はまあまあな感じで本部船寄りから攻めれましたが、アウターに集まった艇のリコールが多く、ゼネリコ!

Tbc32

次のスタートは、本部船寄りに艇が集まり、微軽風の中、下艇からの牽制もありジャストスタートとは行きませんでしたが、何とか本部船からのスタートに成功!

大型艇が前を先行していたので、タックし右海面へ回避し、先行集団に続いて1上マークまで行けました。

アップウインドおよびダウンウインドの内容も、他艇に引き離されることなく4レグを消化しフィニッシュ!

何と修正時間でツパマロス艇と同タイム!

レーティングが低い当艇が上位となり2位となりました。

[E:yacht]

2レース目は、アウターからのスタート練習を兼ねてスタート!

ジャストスタートが切れました。 

風もアップ傾向と良い風が続いていたのでスターボーを伸ばしましたが、タック後のポート帆走は上潮の影響が強く艇速が対地速度で1ノットは遅くなりました。

スタート位置による、潮の影響は侮れないですね!

2レース目は、風の微妙な変化で帆走コースが裏目に出たのと、タックをする際ジブシートがポールに絡んで艇速が落ちるなど、ちょっとしたミスで数秒から数十秒の遅れが積み重なり、結果、他艇に大きく差を広げられることになりました。 この辺りは反省です!

結果、修正で5位!  ミスの積み重ねが、大きな差になること勉強になりました。

[E:yacht]

TYC第3戦は、ストレイドックのいつもの5人で乗船!

P5180379

風が軽風なので、この人数でもコントロールOK!

P5180381

スタート時は、上マークに対して風向はやや左寄りだった感じでしたので、アウター寄りのスタート狙い! 

ポートロングは、引潮の影響が有利と考えました。

P5180437

風が弱かったので、スタートラインから離れないよう本部船からアウターに流して行くと、同クラス艇が下艇として牽制して来たので上りましたが突き上げが厳しので、時計回りに360度し、逆に下ポジションを取りアウターを狙いましたが、途中、別艇がラインオーバーした状態からオーバーラップされてブランケ状態からのスタート!

P5180424

ちょっと中途半端なスタートなってしまいした。

風が弱く動きが悪いその艇を避けるため、タックし右海面に移動し更にタックしスターボーを少し伸ばしましたが、スタート時のタックで思うようにスピードに乗れなかった影響で、ライバル艇に遅れをとりました。

P5180449

その後、微軽風では軽排水量の隼スピリットⅡ艇やツパマロス艇の行き足が良く、中々追いつくことが出来ませんでした。

P5180450

微軽風時のタックは、ちょっとした艇の角度と風の捉え方をミスると一気に艇速が落ちてしまい、艇速を上げるのに時間が掛かってしまいます。

そんな、小さなミスが積み重なり先行する艇に追いつけない状況でしいた。

終始、先行する隼艇がリードしトップフィニッシュ!

ツパマロス艇には、フィニッシュ前に大分追いつきましたが、一気に風が弱くなりフィニッシュ前の風のシフトに行き足がつかなくなりタイムロス!

P5180455

2時間を超えるレースで、着3位の修正3位となってしまいました。

P5180498

スタートや、コース取り、ブローの捉え方など、色々、反省することがありますが、チーム力としては、まだまだ「のりしろ」はある思います。

昨年の中盤から上位の成績を納めることが出来るようになり、3位では物足りない成績かもしれませんが、気持ちだけで勝てるほど甘くはないので、順位を上げるにはそれなりの練習は欠かせないかと思います。

次回のレースは、頑張りたいと思います。

 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。