◆ TYC第2戦参加 STRAY DOG ◆

4月13日(日)は、TYC第2戦へSTRAY DOG艇にて参加!

この日の風は弱く、朝方は北東1~2m

スタート予定時刻の10時半間際に、東に振れて風速も2~3mに・・・

P4130631

何とかレースが出来そうな風になってきて、予定していた時間に予告信号が発せられた。

しかし、風速は弱くスタートラインより下側にいたので、速攻、機走でライン上近くまで移動し4分前の準備信号が発せられる前にスタートラインを流すことができた。

P4130640

本部船寄りからスタートしようかと思ったが、大型艇や多くの艇で混み合っていたのでライン中央からでることにした。

ラインの第一線から予定通りのスタートが出来き、フレッシュウインドが掴めたので他艇よりは行き足は良かった感じです。

高さよりスピード重視で帆走し、アップウインドでタックを数回入れ、沖からのブロー帯に上手く入り込むことが出来、後続艇を徐々に引き離すことが出来きました。

上マークまで、ほど良いレイラインのポジションもとれましたが、やはり高さよりスピード重視で帆走!

微風時は艇を止めないで走らせることが大事ですし、特にY31Sはセールに風を当てないと走らない艇のようですのでヘルムは重要です。

Tyc21

1上マークを同クラストップで回航でき、スピンアップやジャイブもトラブルなく出来て1下へアプローチ!

その後、風が南に振れ、1下マーク回航後は、2上へ片上り状態!

ギリギリで2上マークへノータックで回航することに成功し、南に振れた風に対し即ジャイブだったがマーク回航が微妙だったので、回航後のスピンアップが遅れてしまいジャイブが遅くなってしまった。

Tyc23

風は予報通り更に南に振れマーク間はアビーム状態になり、後続で回航した同クラスのツパマロス艇が上マーク回航後、即ジャイブでジェネカーをビンビンに飛ばしながら爆走!

P4130644

こちらはスピンでギリ上りしながら、2下マークへアプローチ出来たましたが、ツパマロス艇に先を越されてしまい、2下マーク回航時には2~3艇身差になってしまいました。

P4130664

フィニッシュラインは、コース変更で南!

ツパマロス艇と何度かタックの駆け引きとなり、最後のアプローチは、スターボーのツパマロス艇のスターンをSTRAY DOG艇が通過すると同時にツパマロス艇はタックを反して来て、そのまま2艇が約20秒ポートで並走しフィニッシュ!

Tyc25

ほとんど同着! 

ホーンが連続で2度なり、本部船へ 「どっちが先~?」 と聞くと・・・

「 それは、いえない~ (^^)/ 」 と、御茶目に返されました・・・

表彰式までの楽しみということかぁ~・・・

でも、最終マーク回航からフィニッシュラインまで、手に汗握るナイスファイトでした。

そして、結果はこちら ↓

TYC2014 第2戦 リザルト

同クラス艇で絡み合うレースは楽しいですね!

来月、5月18日のTYC第3戦のレースも楽しみです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。