◆ 初島ダブルハンドクラス優勝! ◆

初参加した、第25回初島ダブルハンドヨットレース

無事完走し、レース時間10時間30分58秒でクラス優勝することができました。

R9322249

長時間のレースを一緒に戦ってくれたのは、東京湾ダブルハンドでもお世話になった本吉さん!

R9322233

レース前日に逗子入りし、午前中は風が無かったので、艇のメンテとレース用携行品の最終確認を行い、午後から軽くセーリング! 

海面でアップとダウンのフィーリングを軽く行い、藻が絡んだ際の対処方法としてセールを使った後進方法を練習した。

P6280181

練習は早目に終わらせ逗子マリの宿泊するマンションホテルでミーティングを約2時間くらい行い海図に潮の動きを記入したり、様々な情報をネットで確認して当日の作戦を練った。

A作戦、B作戦・・・ 風がこうならこの作戦で行くなど。。。

P6280189

レース本番は、朝、5時半前に艇に集合し、ネットにて各情報を最終確認!

レッドブルで気合い注入です!

R9322071

P6290200

本吉さんは初島ダブルハンドで過去3度の優勝経験をしており、今回もその経験をフルに発揮して頂きました。

R9322085

初島までのコース取りは潮の影響や風の振れのタイミングを予測し、どのコースを引くか・・・

そして初島を廻る際の攻め方など色々勉強になりました。

スタート時の風は北北東4~5ノットでスタートは全艇がスピンラン!

P6290238

過去最多エントリー(92艇)よる一斉スタートは圧巻でした! 

P6290246

本部船とアウターに艇団が集中しており、本部船からライン中央に寄せた当艇の廻りにルームが空いて大型艇のブランケットにならず最前線から最高のスタートが出来ました。

P6290254

微軽風の中、艇速も3~4ノットで大型艇とサイドバイサイド・・・

P6290245

P6290249

スタートから数時間後には大分バラけましたが、Aクラスの同型艇やJ24は初島に向かって西寄りのコースに上り気味でしたが、当艇は潮の影響や南東に風が振れた場合を考え東寄りに我慢の帆走・・・

スタートから3時間後に風が弱くなり各艇がフリーズ状態!

しばらくその状態が続いた後、やっと南東の風が吹いてきて何とか初島を14時に回航!

その後、風はどんどん上がり15ノット前後の風でスピンによるパワーリーチング

トリムがきついリーチングでしたが艇速は7ノット前後でるようになり、前半リードした分で逃げ切り態勢に入りましたが、フィニッシュラインに対してスピンでは上りがきつくなり、無理をせずジェノア№2に変更!

途中、風が弱くなり№2ではアンダーパワーになりましたが、セールチェンジを行うよりそのまま走る方を選択!

それでも艇速は5~6ノットは出ていてフィニッシュまでの距離と同クラスの後続艇との時間差を考えると逃げ切れる距離感があったので、あとは藻をラダーやキールに引っかけないよう海面を見ながらトラブルを起こさないよう注意し集中!

最後は上側からスピンで攻めてきたY26Ⅱに触発され当艇もスピンを上げてフィニッシュ!

Aクラス着順1位でフィニッシュでき、クラス優勝出来ました。

スタートからフィニッシュまでの約10時間以上、GPSにプロットしたコースと潮の予測を含めたコースに対して、ひたすらコンパスとテルテールやセールとの睨めっこでした。

初島への往路は、北東の風でスピンによるリーチングでしたが、西寄りのコースは引きたくなかったので極力上らずパワーを感じるギリギリのトリムに集中!

復路は、風も強くなり南東の風に対し、スピンでのパワーリーチングでしたが、潮の流れが西に流されていたので出来るだけ上らせて攻めながら走りましたが、微妙な角度で艇速が変化するためコントロールするのが大変でした。

何とかパワーロスしないよう走らせることができ、今までやってきた練習の成果が出た感じです。

今年、買ったガーミンのGPS eTrex20jは、かなり優れモノで、それを本吉さんが使いこなせる達人になっていて、今回の無駄のないコース取りへかなり貢献できたようです。

初めて参加した初島ダブルで早目にフィニッシュでき、逗子マリーナに帰港してから後片付けまで出来る時間がありましたのでラッキーでした。

大きなトラブルもなく、前回神社参拝で引いた一番大吉おみくじのご利益があったかもしれません。

レースに参加された皆さま、本当にお疲れさまでした。(^O^)/

2013 初島ダブルハンドヨットレース写真アルバム

4 Comments

イーグル 中村 says...""
なんちゃってオーシャンセーラーさん
祝・コメントありがとうございます。
初島ダブルは初参加でしたので右も左も解らず、私はコンパスとテルテールから目を離さず、本吉さんの指示でティラーをトリムしていました。
10時間以上のレースでしたが、集中していたせいか時間が経つのが早く感じましたね~
ゆっくり廻りの景色を観る余裕はあまりありませんでしたが、第1線からのスタートに成功し、その後大型艇としばらく並走していたのは、本吉さんのスピントリムの上手さでしょうね!
艇のポテンシャルもいい感じで仕上がっているようです。
是非、機会がありましたらこちらのレースにも参加してみてください。
タモリカップも楽しそうですよね! こちらはイーグル以外の艇で参加する予定です。
では!
2013.07.04 12:48 | URL | #79D/WHSg [edit]
なんちゃってオーシャンセーラー says...""
優勝おめでとうございます!!
92艇ってすごいですね。25周年記念ということもあったのでしょうか?30周年記念には是非参加したいと思います。
いつもブログ楽しく拝見させてもらっています。練習量と艇の整備がすごいですね。僕の『棚ぼた』とは大違いです。
横浜のタモリカップはエントリーされますか?もしされるようでしたら、そこでお話をお聞かせいただければと思います。
本当におめでとうございました!!
2013.07.03 23:24 | URL | #79D/WHSg [edit]
イーグル 中村 says...""
セブンシスターズさん
祝・コメントありがとうございます。
艇のチューニングはやはりプロに聞くか観てもらうのが早道だと思います。
私がそうでしたので・・・
イーグルもこの半年で大分変わりましたが、全てプロによるアドバイスでチューニングしています。
ご参考になれば幸いです。
2013.07.01 23:52 | URL | #79D/WHSg [edit]
セブンシスターズ says...""
優勝おめでとうございます。いつもブログを拝見しているので、表彰式でご挨拶と思っていましたが、飲み過ぎて忘れてしまいました^_^
あのカームの中、僅かに来る北方面の風の誘惑に負けてしまいました。
ただ、この距離のレースは初めて完走できたのでこれはこれで第一歩と家内と来年のリベンジを話したところです。
私の艇はクルージング艇なので、製造元に聞いてもレースチューニングがさっぱり分からないので、この一年かけていろいろと探って、シュラウドテンションも少しづつ、最大破断の5%位から、チェーンプレートの具合を見ながら、調整しようと思っていますので、また、いろいろと教えて下さい。
ダブルハンド二連勝、おめでとうございました!
2013.07.01 19:34 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。