◆逗子マリへの回航は23日へ変更◆

6月29日(土)開催予定の初島ダブルハンドへ参加するため、艇の回航を1週間前の22日(土)に行う予定だったが、20日夜の時点で台風や前線の影響があると思い安全第一を考え翌日の23日(日)に変更することにした。

579888_310869069001071_1123338054_n

その後、台風は九州に上陸することなく21日9時50分気象庁の発表で温帯低気圧になったので22日でも行けそうだが、前線の影響で土曜日までは不安定な天候が続くようなのでやはり23日(日)に回航を行おうと思う。

All00

先週はTYCレース終了後、抗議の審問が発生しジュリーの要件を満たす人がいなと要請を受け審問に同席することになった。

そんな予定外の用事が起きて回航準備が十分行われなかったが、その分、土曜日はじっくり出来そうです。

22日(土)は18時から逗子マリにて艇長会議が行われ、その後、19時からウエルカムパーティーがあるが、艇長会議には一緒に参加する本吉氏が色々詳しいのでお願いし19時からのウエルカムパーティには参加したいと思っています。

艇はキールの修繕のため、先週、夢マリのヤードに上架して塗料も塗り終えていますが、塗料の付きを良くするため即日下架するのは止めました。

それと、この時期は気温や水温が高く藻が着きやすい感じがしたの上架したままにしておきました。

土曜日に回航準備を終えて下架したいと思っています。

11

そして、23日(日)の早朝5時前後に出航予定!

この日の干潮が11時くらいなので回航にはもってこいの時間帯! 更に大潮!

対地の平均艇速は7ノットくらい出そうな感じです。

もしも、6時間約7ノットで機走できれば、42マイルくらい走ることになるので三崎口を超えちゃうね~

三崎からは逗子まで約2~3時間でしょうかね~

[E:yacht][E:dash]

先日、レースの実行委員会からメールが届きましたが、こんな内容が記載されていました。

【4.オートパイロットの運用について】
一部の方からお問い合わせを頂いておりますが、レース中のオートパイロットの使用は認めておりません。
過去においては使用を認めておりましたが、オートパイロットの性能が年々向上してきていることで、二人でハイクアウトするようなことも可能であり、オートパイロットを装備している艇としていない艇で大きく条件が異なっているという現状を踏まえ、セーリングの基本に戻って認めないこととしました。

[E:weep]

ってことで、オートパイロットを使用することは出来ないようです。

イーグルには元々付いていないので関係ないことですが、大型艇はちょっと残念かな・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。