◆ コリアマッチカップ2013 ◆

ワールドマッチレースのシリーズ戦として2008年から韓国が開催地となっているが、日本でもNIPPON CUP2004として葉山で開催されたことがあり日本の多くの企業が協賛していたようだ。

しかし、トップセーラーの招待費用や最新のレース艇の購入、そしてそれを維持していくには豊富な資金が必要になるようで一般的に普及率が少ないヨットレースに日本の企業が継続して協賛することは厳しいことなのかもしれない。

(コリアマッチカップ2012プロモーションビデオ)

それを韓国はマリンレジャー普及に力を入れているのか、大企業がスポンサーになり2008年から毎年コリアマッチカップとしてシリーズ戦の開催地になっている。

R9321523

韓国や中国はアメリカズカップワールドシリーズにAC45艇でチャレンジしており、残念ながらAC72の開発が出来ず本戦への挑戦は出来ないが、それでも将来を見据えて若い世代に夢と希望とチャレンジ精神を与えているのかもしれない。

まだまだ、ヨットを持つことや始めることは、贅沢な遊びのようだが、普及して行く勢いは右肩上がりなのかも・・・

P6020315

私は、マッチレースは行ったこともなくルールもにわか仕込みでしたが、コリアマッチカップは堤防の近くにレースコースが設定され、スタートラインは直ぐ目の前ですので、そこで繰り広げられる世界トップセーラーのスタート前の攻防はとてもエキサイティングでした。

R9321531

日本からこんなに近い国で開催され、そして世界的なトップセーラーに会え、そのレースが目の前で観れるのはかなり美味しい事だと思います。

R9321525

今回、こちらのレースに韓国Kimチームとして参加された本吉さんには色々お世話になりました。

会場に着いて直ぐにチームの方々を紹介して頂きました。

P6020318

P6020323_2

Kimさんは、この地域で総監督も務める方のようで、そのKimさんから韓国ヨット界№2の役員の方を紹介され、我々4人全員に大会ポロシャツとキャップをお土産として頂きました。

P6020334

気軽にレースを観に来たつもりが、予定もしていなかったVIP待遇になってしまいました。

R9321650

そして、Kimさんは忙しい中レース艇が係留しているポンツーンまで一緒に行って頂き、レース艇の説明や

P6020373

ベスト4に残ったアメリカチームのスキッパーなども紹介してくれました。

P6020351

P6020375

ちーちゃんもベスト4に残った世界のトップセーラと記念写真を撮りまくりでした。

P6020378

今回、予選では圧倒的な強さだったイギリスチームでしたが、セミファイナルでフランスに敗れてしまい、どうしてしまったのか3位決定戦でも敗れてしまいました。

P6020380

逆にフランスチームはイギリスに勝った勢いで、決勝でもアメリカチームに圧勝でした。

P6020344

その後、レースの運営ボートに乗せて頂きレース観戦など、一般の方が出来ないようなことを体験させて頂きました。

R9321518

とても貴重な体験をさせて頂き、今回お世話になった関係者の皆様に感謝致します。

ありがとうございました。

ソウルからちょっと遠い場所でしたが来た甲斐がありました。

世界のトップセーラーの華やかな表彰式も観れて、何か良い運気やパワーをもらった感じもします。

R9321602

R9321612

R9321616

これから、自分自身も色々なレースに参加しますが、このモチベーションを大事にしていきたいと思います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。