◆ 今月2度目のガッツリ練習会 ◆

今月11日(土)に続いて、25日(土)に本吉氏のコーチングによるガッツリ練習会をイーグルで行った。

参加者は、マサニイ、ちーちゃん、尚登君、カリちゃん、キムヨシさんの5人

私とちーちゃん以外は元祖ストレードックチーム。

P5250103

午前中は、風速が4~6ノットの東風だったので三枚洲沖の黄色い第2立標を上マークに想定し、下側へ黄色いマークを2個設置してクルクル練習!

9時過ぎに出航し、午前中しか練習に参加できない尚登君のバウマン練習を中心に行うが、最初の1~2回は、前回の練習から少し時間が経っていたせいか、スピンアップの手順のミスが目立ち尚登君の動きが今一つだったが、後半は、大分調子を戻しいい感じでこなせた。

スピンアップは、ベアーウエイセットおよびジャイブセットの2通りを練習したが、一般的に難しいとされているジャイブセットの方がスムーズにこなせる意外性。

P5250113

上下の距離が短いので休む暇もなくスピンのアップダウンになるが、この練習を何度も行った。

P5250100

そして、クローズのロールタックも大分スムーズになりタック後の加速が出るようになった。

この日は大潮で、午前中引潮の影響が強く下マークに対する回航はその潮の流れを考えながら回航を行うが、予想以上に流れが早く最初はイメージと違う航跡だったが、後半は回航後の立ち上がりでクローズになった際、マークから離れない理想的な回航が出来るようになった。

そして、あっと言う間に12時になり一旦帰港

帰港後、ストレードック艇のメインシステムとトラベラーがかなり重いので、その改良案を本吉氏にチェックしてもらった。

13時から夢マリのレストランにて14時まで昼食と休憩をし、14時過ぎに出航!

風は風速10~12ノットの南東の風になったので、午後はクローズのヘルム練習!

ラル、リフト、ヘッダーに対する、ティラーコントロールとクルーバランスを約1時半行う。

テルテールに反応しない微妙なラル、リフト、ヘッダーの風の変化に対応するティラーコントロールの練習を行うが、フォアステーの動きや、艇のスタンの浮き沈みでその感覚を感じティラーをコントロールする。

P5250086

30分程集中してやっているとその感覚がつかめる様になった。

P5250095

その後、16時くらいから17時過ぎまで、三枚洲沖の第4立標を上マークに想定し第3立標の北側に下マークを1個設置して午前中に引き続きクルクル練習を行う。

P5250110

風が12ノット前後あったので、上下の往復が約9分

P5250102P5250112

ダウンウインドーは6~7ノットで快走し、下マークの高速回航も4~5回目くらいから理想のラインで何とか回航出来るようになった。

最後にタックのタイミングを数回練習し本日は終了!

P5250109

18時くらいに帰航し、リグの再調整や各シート類の潮抜きに艇の水洗い。

綺麗に水洗いし各部のパーツのチェックを行うことが、次回の練習などのトラブル解消にもつながるし、一日練習した艇への感謝の気持ちも重要だと思っています。

P5250121

後片付けを終えて簡単にシャワーを浴び19時から2階のオーナールームにて、この日の練習について本吉氏から解説があり20時まで1時間ミーティング。

P5250125

充実した1日でした。

毎週、こんなガッツリ練習が出来れば理想的ですが、コーチの都合もありそうもいかないので限られた日に集中して行う。

それが、普段の練習の何倍も勉強になり、通常練習は学んだことを反副練習するのみ!

ですかね~ [E:good]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。