◆ YBMオープン勝敗の差は? ◆

第15回横浜ベイサイドオープンヨットレースが20日に開催されオープンクラスBにて着2位となり修正で準優勝できました。  リザルト

Pa200193

レースに参加頂いたクルーの皆さん、そして、イーグル艇のチューニングや練習・コーチングにご協力頂いた関係者の皆さま、ありがとうございました。

<(_ _)>

R9308399

7月のスバルザカップが強風でレース中止となり、次の目標として今までクラス優勝をしたことがない横浜ベイサイドオープンに照準を合わせた。

ここ数年の参加艇は100艇を超えオープンクラスはAとBに分かれるが各クラス50艇くらいの参加になり、スバルザカップよりクラス別として参加艇が多い大会。

その勝利の栄冠は格別なものだと思う。

そんな事を思いながら、7月下旬から艇のチューニングやチーム育成を行い約4ヶ月間精進してきたが今年も同型艇に敗れ準優勝の結果となった。

3年連続で着2位と同型艇に次ぐフィニッシュ・・・

レース展開では失敗もリカバリーも含め、チームとしては頑張ったと思う。 しかし、勝てない原因は・・・

艇のポテンシャル??

クルーの力量の違いなのか??

そのどちらもかもしれないが、何かが足りないのだと思う・・・

大小様々な艇や艇速の違うヨットが100艇を超えるレースで、スタートやその後のタクティクスは重要であり左右の海面のどちらを攻めるかがレース展開に大きく左右する。

今回のレースではクローズを帆走する際、高さが稼げる風の振れに魅了されブロー帯に目が届かず反すべきポイントで反さないでしまった。 スタートから上1マークまでの8分目辺りで左へ延ばす同型艇とミートしたが、右海面のレイライン方向へコースを引いた自艇ではこちらの艇速が伸びず約1分上マーク回航を先行されてしまった。

それと、私の責任・・・ [E:weep] だが、スタートを大失敗してしまった。 

沢山のレースに参加しているが船外機は毎回外していないため、その段取りがもたついた。

船外機を外す際スタートラインより下側に落とし過ぎたため、先にスタートしたAクラスの艇団による壁がブランケになり思うような艇速でスタートラインに近づけず約2分出遅れた感じだった。

Pa200298

スタートは出遅れたが上1マークまでの前半はブロー帯に上手く乗れ挽回できた。しかし、上1マークまでの後半は左右の海面の使い方が良くなかったようで艇速が思うように伸びなかったと思う。

海面を読む力は、多くの経験を重ねなければ解らないもので、沢山の練習やレースで海面を観て養うかしかないし、私自身もまだよく解らない・・・

今回、タクティシャンの存在がとても重要に感じた。

1、2手先ではなく、更に先のレース展開を読めるか読めないでは、これまた大きな差が出るのかもしれない。

艇速を生かすも殺すもタクティクス次第かもしれない。

11月は夢マリにてTYCレース最終戦と海ほたるカップがあるが、悔いのないレースをし、そして楽しいレースが出来ればOK!

R9308394

勝利も大事だが、笑利することも忘れないようにしないとね [E:scissors]

2012YBMオープン写真集

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。