◆ またも微軽風TYC第4戦・第5戦 ◆

17日(日)TYCレース第4戦・第5戦が開催!

この日のクルーは、青ちゃん、やっさん、島ちゃん、ちーちゃんと私の5人

朝方の気象情報では大島が風速17m/sで横浜や相模湾も結構風が上がっており東京湾にもその風が吹くのかと思いロアシュラウドを締め込み強風設定で出航したがレース海面にでると風速3m/s前後・・・[E:down]

R4185784

とりあえずは微軽風と思い、ロアシュラウドを緩めました。

[E:yacht][E:dash]

1レース目は北寄りの風だったが早めに西よりに振れる可能性は有ると思った。 しかし、風の振れが微妙に判断出来なかったのでライン中央から出ることに・・・

スタートは、いい感じでジャストスタートが出来たと思う!

2

イーグルのスターン右サイドにピッタリとASTOがいて・・・

そのサイドにTwllight!

艇速は3ノット前後で数分並走していたがTwllightがまずタックをし、それに続いてASTOがタック! 

当艇もそれに続いてタックし、しばらく並走状態だったがブロー帯の違いなのか当艇の艇速が伸びず2艇と差が開いて行った。

徐々に風も北西に振れてスタートから左海面を選んだ艇がタックを返し良い角度で1上マークにアプローチして来る。 しかし、ASTOとTwllightの2艇の艇速が良くそのまま1上マークを2艇僅差で回航。

その後、風が弱くなり上潮の影響と前日の雨の影響で潮の動きが今一つ読み切れないところがあったが、上マークに対するアプローチを一か八か早目にとってみた。

行けるかなぁ~と思ったがやはり早すぎたために再度タックを反すはめになる。

[E:weep] 

あらためてマークへアプローチしようとするが、ベガがスタ―ボーでレイラインを帆走して来たのでそのブランケを避けようとタックを遅らせたら今度はかなりオーバーランで2艇身くらい大回りをしてしまった。

戦略や戦術が一つ噛み合わないと、ズルズル悪い方向へ行ってしまう・・・

[E:bearing]

レース展開が良くない感じだったが現状をキープすることを考えマーク回航を行い、その後、風の振れもあってスピンを上げたり下げたりで苦労したが何とかフィニッシュ!

20

上位2艇には10分以上の差を付けられたが3位をキープ出来た。

その後、風は更に弱くなり後続艇がかなり苦労して帆走していたが何とか13時までに全艇がフィニッシュ!

[E:yacht][E:dash]

2レース目を行うことになる。

スタート時の風は南東3m前後!

この風も振れる可能性があったが、やや本部船有利と思い本部船からアプローチをしようとタイミングを計ったが前列の大型艇のブランケで行き足が悪く上潮の影響を受けかなりスタートが出遅れてしまった。

上艇のASTOにブランケになる最悪の状態だったので、タックを返して右海面に逃げようと思ったが、即タックで被せられてしまう・・・

下艇を抑えるには良い作戦であるが受ける方はたまらない・・ このままの状態では良くないので更にタックしスターボーへ返し帆走する。

上艇にASTOとTwllightの2艇が4~5艇身高いポジションで快走!

上艇との差が開いたのでこちらも艇速が上るようになり、しばらく左海面へ向かうが上潮の影響が強くなってきたのかアウターマークからあまり離れない所を帆走していた感じだった。

それでも我慢しセールトリムとティラーコントロールを丁寧に行いしばらく帆走!

すると、先行していた2艇が動いた!

Twllightがタックし、それを抑えようとASTOもタックしポートで右海面へ行く。

1上マークへのアプローチは上潮の影響が強くなってきたので、上マークに対するレイラインをスターボーで長くとるより、ポートで1上マーク寄りを狙う方が誤差が少なくなると思いポートレイラインまで左海面に伸ばした。

早稲丸とミートしたが更に左海面を目指し1上マークへのポートレイラインでタック!

タックを返した際、少しオーバーラン気味な感じだったが、多分この風域は少し風が東に振れていたのだと思う。

ジェノアのトリムを80%ほどで帆走し艇速も3ノット前後をキープ!

上マークに一直線で行ける状態!

すると先行していた2艇が南に振れた風域に入ったのか、かなりの角度で落とされていた。

こちらの上り角度は変わらず、3艇身程離れた早稲丸も同じ角度で帆走していた。

Twllightを抑えていたASTOが風の振れに気が付かずそのまま行ってしまったようだった。

スタートの状態では、こりゃまた駄目かと思ていたが・・・

何と1上マーク回航までに絵にかいたような大逆転のレース展開となった。

マーク近辺に近づくと風がかなり弱くなり、マークタッチに気をつけて回航!

そしてスピンアップ!

ジェノアダウンの際にジブハリと間違てメインハリを緩めてしまい慌てたが直ぐに上げ直してスピンラン!

風が南に振れたため下マークまでが一本コースとなり快走!

P6170144

後続艇は微風と潮の影響で苦労していたようで1上マークを回航するのに時間がかかっていたようだった。

そして、1下マークをトラブル無く回航しクローズで2上に向かう。

この時点で後続艇とは大分差をつけていたが丁寧に帆走しすれ違うダウンウインドの艇との接触に注意して帆走!

R4185798

2上マークも余裕で回航し、その際のスピンアップは今までで一番早く綺麗にホイストできたと思う。

順調な時は、何をやっても上手く行くのだと思った。

そして、最終レグとなるダウンレグもスピントリムを丁寧に行い後ろから近付いてくるコンステレーションより先にフィニッシュしようと集中し何とかファーストホームが出来た。

スタートは最悪な状態だったが、もしも、スタートが上手く行っていたらこの展開はなかったかもしれない。

スタート失敗がもたらしたリカバリーが、1上マークまでのリスクの少ないアプローチを考えさせ無駄のない帆走が出来たような気がする。

R4185817

1日、2レースは大変だが面白いですね!

かなり勉強にも練習にもなります。

R4185818

6月19日のちーちゃんの誕生日お祝いに、昨年に続いて今年もこの6月のレースで優勝できて良かったです。[E:present]

ASTOの斎藤オーナーさんも一緒にハイポーズ!

R4185829

今年初のクラブレース優勝でしたが、この調子を維持できるよう頑張りたいですね!

R4185831_2

クルーの皆さんお疲れ様でした。 また、来月も宜しく~[E:good]

2 Comments

中村 says...""
今回は、運良く勝てました。
毎回上手くいくとは限りませので、練習は大事ですね。
SPRAY艇も日曜日はご近所のレースに飛び入り参加して記録には残らなかったようですが、良い走りをしていたようですね。
初島ダブルハンドも頑張ってくださいね!
[E:scissors]
2012.06.18 21:56 | URL | #79D/WHSg [edit]
SPRAY 黒川 says...""
中村さん
ファーストホーム&優勝、おめでとうございます。
同型艇&ライバルチームとして励みになります。
2012.06.18 21:03 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。