◆ 関東ミドル2日目、3日目・・ ◆

関東ミドルボート選手権は、5月3日の初日が天候不良により中止となったが、2日目、3日目位は開催された。

R4184150_3

前日からの予報によると2日目はド強風の予報と、微風の予報があり、どちらが本当か当日まで悩みました。

この日は前日の雨模様から五月晴れの良い天気!

R4184489_5

シーボニアのポンツーンについて思ったことは、海が綺麗~ 

係留しているポンツーンは水深6mあるらしいですが底まで透きとおって観えてました。

R4184495
 

夢マリでは観れない海水の透明度ですね~

8時18分シーボニアをドックアウトし江の島方面にしばらく機走し9時過ぎにレース海面に到着!

海上には東京湾で見慣れない相模湾の有名なヨットがあちらこちらに・・・

この時の風は5~8ノットの軽風・・・  ド強風の予報は??

って感じでしたが、内心ホットしている自分がいましたね~

2日目(5/4)はインショアレース3本を予定しており、1本目は予定時刻にスタート!

しかし、皆さん気合いバリバリで見事なゼネリコ!

R4184256

再スタートはⅠ旗掲揚で慎重なスタートになりましたが、CAVOK艇は上側の本部艇ギリギリで遅れぎみのスタート。早目にタックしポートにて右海面をとりましたがうねりのある海面に苦しみながら帆走・・・

同型艇に対しては、微妙なリードを保ち1上と1下を回航!

R4184296

ダウンレグでは多少順位を上げ同型艇をリードしたまま上りのレグに入りましたが、微風の為3レグにコース短縮!

最終となる3レグ目のクローズでは同型艇を圧されながら中央から右海面をキープしていましたが、3番手で廻航した同型艇が左海面へコースを引・・?と思っていたら最終的には左からのアップウインドのブローが入り逆転されてしまいました。 

Bグループ15艇中着順12位、修正も12位。同型艇では3艇中2位・・
約1時間40分のしょっぱい1レース目になってしまいました。

その後、直ぐ2本目のスタートがありましたが風が弱く即中止!

そして、しばらく風待ち状態・・

待った甲斐あって微軽風から南西6~8m/sの順風が吹いてレース再開!

風が上がってからのスタートは痺れましたね~

R4184326

全艇がギリギリの間隔でアプローチしてきて緊張しました・・・

ライン真中より少し上側でジャストスタートできましたが、相模湾のうねりのある海面に上手く乗りきれずライバルの同型艇にも遅れを取り結果は着順11位、修正12位。

R4184336_2

予定していた3レース目は時間が押したため中止となりました。

ホテルへ戻って温泉に浸かり、夕方から三浦海岸駅前の居酒屋で反省会兼新人トリマー小郷君の25歳誕生パーティ!

R4184400_2

焼酎ボトル2本を空け、部屋飲みでも大盛り上がり・・・

R4184414_2

若手は、その後深夜2時くらいまでカラオケ3次会突入! 弾けてましたね~

R4184458_2

3日目(5/5)はショートディスタンスレース1本

この日も、風は微軽風・・・ セッティング調整!

R4184505_2

コースは、シーボニア沖から南西ブイ⇒ 佐島沖マーク ⇒ シーボニア沖

微風でしたが、いい感じのスタートができタックでポートに反しブイまでは男の一本道!

R4184551

初めはライバル艇に先行していましたが何故か艇速が伸びず失速気味??

結局、追い越されそのままズルズル・・ 強い向かい潮の影響もありブイまでは上りきれずワンタック反して最終グループにて廻航。

ダウンレグではスピンとジェネカーのどちらを使用するか悩んだが風が弱くスピンでは落としきれないのでジェネカーを選択し上り気味で帆走!

R4184599_3

初めは手間取ってしばらく失速気味だったがトリムが良くなり数艇抜いて順位を少し上げた。

途中風も上ってきて、佐島沖のマークへのアプローチ角度の状況からジェネカーからスピンへの交換にチャレンジ。初めての経験でサクサク行かなくて失速しましたが後半は持ち直して何とか佐島沖マークを廻航し、クローズ帆走。

ブローが多い岸よりのコースを選択し数艇抜いてフィニッシュ!

結局、着順10位、修正9位。

成績はしょっぱい結果でしたが、若手が多いCAVOKチームはこの経験をバネに更に進化すると思います。

R4184682

R4184670_6
レース表彰式後の、帰宅をどうするか悩みましたが駅まで大渋滞だったようですのでシーボニアから三崎口まで歩きました。ワイルドだぜ~

約50分で駅まで着きましたが、同じ頃シーボニア前を出発した路線バスとほぼ同じでした。

翌日はオーナー抜きの若手3人による回航で、午前中から吹きあがったようですが無事回航できたようでした。

荷物をオーナーに車で運んでもらいましたので引き取りをするのと併せて浦安に回航チームを迎えに行きました。 

上架した際、スクリューに釣り糸が絡んでいたようでペラが閉じない状態だったようです。

回航時にトラブルにならなくて良かったですが、最終日のレースで艇速伸びず失速気味でしたが、スタートエリアに釣り船がいたので、スタートラインを機走で流している際にペラに釣り糸が絡んだ可能性があるかもしれません・・

CAVOKチームの皆さま、レース期間中、色々お世話になりました。

ありがとうございました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eagle1st.blog.fc2.com/tb.php/602-3d31c499
該当の記事は見つかりませんでした。