◆ スピンポールアイの追加効果 ◆

3月31日の土曜日は、低気圧前線の影響で台風並みの物凄い風でしたね~

都心でも最大風速28m/S 以上を記録したようです。

前線の通過後は風も弱まり、日曜日はセーリングができるコンディションになるようです。

日曜日のセーリングについて、週末クルーに打診した結果、青ちゃん夫妻、狩ちゃん、カズさん、ちーちゃんが参加可能となり、私を含めて6人になります。

マリーナ集合は12時頃を予定しセーリングは午後からになります。

私は少しは早目に行って、スピンポールアイを既存のアイより30cmくらい下に1個追加しようと思っています。

ダウンウインドでスピン帆走する場合、アビーム近くまで上らせるとポールをフォアステーまで前に移動させ、スピンシートを引き込むトリムになりますが、その際、スピンシートのクリューの位置が通常より低くなります。

このままだと、スピンポールのタックの位置が高くなりますので下げる必要があります。

トッピングを調整してポールのタック位置を下げる方法もありますが、マストに対するポールの角度が悪くなります。

そこで、ポールをセットする位置も低くしたいのでマストにスピンポールアイがもう1ヵ所あるとバランス良くスピンを張ることができるようになります。

スピンポールアイはスライダー式がベストですが、Y23の細いマストではそのようなシステムは大げさになりますのでアイを1個追加することで対処可能かと思います。

後は、実際に帆走してみてトリムの練習ですね!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。