◆ 大震災から1年、謹んで哀悼の意 ◆

東日本大震災から1年経ちますが、謹んで哀悼の意を表するとともにお見舞い申し上げます。

3月11日14時46分・・ 日本の皆さんは色々な思いを込めて黙祷を捧げたと思います。

私も、海上で行いました。

[E:think]

被災地や海に関係する皆さんの復興を祈り、TOKYO BAY CUP´ 2012が開幕し第1戦が浦安沖で行われ参加して来ました。

大震災から1年目となるこの日に開催されるレースとして、舵社さんが取材に来ており4月5日発売号に掲載されるようです。(連載名/突撃!隣のヨットレース)

東京夢の島マリーナ浦安マリーナから22~40ftクラスの様々な艇種が10艇参加!

風は1~3mと微軽風

1レース目のスタートラインはアウター有利!

思い通りアウター寄りでジャストスタート! 即タックでポート帆走ができ中々いい感じでした。

ブロー帯に上手く乗れたためかスピードと高さが抜群でした。

直ぐ後ろからスタートしたゼフィロス艇も同じポジション・・

風の振れタックを数回行い上マークは上位順位で回航! スピンの調子も良く微風の中でもそれなりの帆走が出来た感じがしました。

3レグと4レグでブロー帯から外れてしまい先行艇や格上艇と差が開きましたが、同じ風域であればアップもダウンも艇速と角度に対する手ごたえはあったと思います。

[E:yacht][E:dash]

2レース目は、本部船寄りからアプローチし中央からこれもジャストスタート!

更に風が弱くなり艇速が2ノット前後になりましたが、丁寧なトリムとクルーバランスで1レグを格上艇とイーブンで回航!

コース短縮で2レグでフィニッシュになり、コース取りでは駆け引きがありましたが何とか逃げ切ることが出来ました。

レース後、ゼフィロス艇に乗船していたノースセールの中村匠さんが、海上で当艇に乗り移ってセールのチェックを行ってもらいました。

R4183021

14時過ぎから、いい風が吹いてきて、初めはスピンランによるセールチェックを行い、その後、ジャイブをする際の細かな基本動作を教わりました。

浦安沖からゲートブリッジギリギリまで30分以上ジャイブだけを繰り返し行い、そのタイミングと動作の確認を行いました。

R4183020

風が6mくらいになったので、ジェノア№2をアップしセールチェック!

ジブリーダーの位置、そして、ブローが入りオーバーパワーになった際のメインセールやジェノアの対処方法を理論的に教えて頂きました。

あれこれ約2時間があっというま・・・

前日は雨でセーリングが出来ませんでしたが、この日は2レース参加した後、セールチェックなどで2日分セーリングを楽しめた感じがしました。

参加頂いた皆さんありがとうございました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。