◆ スピンバッグをスライド式に改良 ◆

日曜日は、クルーの都合がつかない状況だったのでTYC冬季練習会は残念ながら不参加にすることにしていた。

練習会の当日は朝から風が強く、レース練習開始の10時頃には風速36ノットオーバーのド強風状態!

さすがに練習は中止だったようで、出航した何艇かが海上から戻ってきた。

レース練習後は参加艇が浦安マリーナに行ってBBQ親睦会を行う予定だったが、帆走で行くには厳しいので陸路で行くことになったようだった。ずぶ濡れになった皆さまお疲れさまでした。

この日は艇のメンテをしようと考えており、スピンバッグをバウハッチからキャビンに収納する方式に変更しようと思っていた。

以前はキャビンに収納していたが、セールがグチャグチャになりその都度パッキングをやり直しするのが面倒だったのでバウに変更したのだが、同艇種のSPRAY艇がコンパニオンウェイの下にスピンバッグを取り付けているのを見て、これはいいと思ってちょっと真似させて頂くことに・・・ 

SPRAY艇はセールメーカーが販売している専用バックを取り付けており、それを購入することも考えたが、システムが簡単だったので取り合えず既存のスピンバッグを改良し自作してみることにした。

写真は改良する前の、スピンバッグをぶら下げただけの状態

121

改良するのに必要な材料を、午前中、豊洲のホームセンター、ビバホームへ行って物色!

バックは既存の物を使用したが (80cm×40cm×40cm)

改良するのに次の材料が必要だった。

1.スピンバッグの両サイドに取付るパイプ2本 (20mm×50cm)

2.パイプにシートを通し吊り下げるシート2本 (4mm×2m)

3.シートを取付けるアイ 4~6個 シートに付けるフック2個

今回、実際に購入した材料はパイプとアイで材料代は約1,000円くらいかな・・・ 他の材料は既存でありました。

改良方法は、スピンバッグの左右にパイプを取付けますが、私はバッグに1cmくらいの切れ目を4箇所入れてパイプを通しました。

バッグとパイプがずれないように補修テープ等を張ってとめておきました。

コンパニオンウェイの両サイドの下にシートを張るアイを4箇所取付ける。

シートの片側にフックを付け、スピンバッグに取付けたパイプにシートを通し、手前のアイにフック側を掛けて奥のアイにシートを通し、強めのテンションをかけて結わえる。それが左右に2本!

これで出来上がり! バッグに取付けたパイプがシートに沿って前後にスライドする。

スピンバッグを手前に引けばキャビンの入口にセットされ、奥に押せばコンパニオンウェイの下に隠れてしまい、キャビンの中に出入りするにも邪魔にならい。 バッグのスライドもスムーズで我ながら上出来! かなり満足でした。

今回写真を撮り忘れたので、次回マリーナに行った際に撮ってきてアップします。

[E:camera]

ターンバックルの回転止めとして、優れモノがあったので早速購入!

以前から商品の存在は知っていましたが買いそびれていた。

1セット4個入りなので3セット購入! スマートピン ピン2mm

Photo_2前日、フォアステートと、アッパー&ロアシュラウドを調整し、ターンバックルのピンをOリングにしていたので交換したいと思います。これならピンの取り外しは簡単でターンバックルを調整するのに便利です。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。