◆ スバルザカップ受付開始になるよ~ ◆

第3回スバルザカップの受付が、明日の15日午前9時から始まる。

今年は、FAXのみ受付のようですので、送信するタイミングが微妙な感じです。

80艇先着順になってるので、昨年の120艇オーバーのイメージで考えると競争率が1.5倍って感じです。 

9時からのFAX送信で複数から送信された場合、話し中も予想される。

参加希望艇は頑張って送信するしかないが、朝は、仕事が忙しいから大変ですね・・・

Szc2011_bn [E:yacht]

先週末もレースが各地で行われたが風は弱かったようだ。

ディズニーシー沖で行われたTBCレース第4戦には11艇が参加!

2011TBC第4戦リザルト

この日のコンディションは、北東の風で風速が1~3m/s

潮は若潮でレース中は引き潮

北東の微風の場合は、岸よりに風があると、隼スピリット艇さんのブログ(TBC第2戦)で記事が掲載されていたのを思い浮かべこの日のレースプランは岸よりがポイントだと思っていた。

風の予報では北→東→南方向へシフトする感じ・・・

スタートラインがセットされ準備信号後ラインが下有利となったので本部船近くからスターボーでアプローチし、登り角度が厳しくなってきたのでラインを高めにとりアウターマークまで時間を調整しアウターマークからジャストスタート!

VaroomRoadster艇(MELGES24)が超軽量艇の性能を発揮し素晴らしいスタートを切っりて、その勢いで登り角度も良かった。

そして、追随するように下側にCAVOK艇(FIRST35)と隼スピリットⅡ艇(TAKAI22)

イーグルは、アウターギリギリで出たので艇速で上回るCAVOK艇が上側へ並走するポジションになりブランケを避けるためタック!

CAVOK艇のスタンと、ほぼ並走して走る隼スピリットⅡ艇のスタンを通過しそのままポートで帆走!

今回は、タック後、ポートで走り続けてしまったのが大きなミスだった。

[E:weep]

ブランケを避けるタックまでは良かったかもしれないが、その後にもう1回タックをして、フレッシュウインドをとる方法や、本来タックもしないで多少べアーしてCAVOK艇からルームを開け、岸よりのブローを取りに行く作戦があったと思う・・・

スタート直前に風が左に触れたためポート有利が脳裏を過り、その後、風が右側(東又は南)に振れた場合は、右海面が有利になることをイメージしてしまった。

しかし、そのイメージは木っ端微塵外れ、岸寄りに進めた6艇だけがブローを掴みいい感じで上マークへ艇を進めて行った。

今回のミスは以前もハマったミスだったかもしれない。 最近は学習能力が低下している感じです。

その日のレースコンディションではそれなりのゲーム展開があるので、そのセオリーを無視した場合の、ダメプランを実践したようになってしまった。

次回は、もう少し素直なゲーム展開を心がけたいと思う・・・

隼スピリットⅡ艇さんのブログ(TBC第4戦)が、また参考なりますよ~

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。