◆ 被災地の現状と津波の破壊力 ◆

私の友人で、宮城県亘理町荒浜でサーフショップを20年やっている、リアルサーフの代表、残間祥夫氏とメールした。 サイト宮城のショップ紹介

0 Photo_2

(震災前の店舗 写真提供:リアルサーフ)

震災後の現地写真をリアルサーフのHP(BBS)に16日にアップしたようで、その現実は悲しいほど惨い状況です。

2 Photo_3

(震災後の店舗跡地 写真提供:リアルサーフ)

お店があった場所は基礎だけが残り建物はすべて無くなっています。

津波の破壊力とその恐ろしさに思い知らされます。

彼は、地元のサーファーのためリアルサーフ波情報としてほぼ毎日HPに写真付で掲載していました。 しかし、11日過ぎの更新は・・・

Photo

(写真は3月11日 9時30分の様子です。)

震災の有った、当日の朝もいつものように波情報をアップしていました。

その、数時間後に想像もつかない現実が起こるとは・・・

4_2 3

(お店の裏にある、わたり温泉鳥の海

波を仕事にしている彼にとっては、とても辛い現実だと思います。

震災お見舞いのメールに対して、彼からの返事は

もう 気持ち切り替えて、頑張って行くしかないね!

命、あったんだから。

と、書かれていた。

もし、私が同じ被災者になった場合、彼と同じことが言えるだろうか?

彼やそして、地元の仲間達の心の強さには敬意を表したい。

そんな、仲間と、また一杯やれることを楽しみ!

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good] 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。