◆ TYC第2レースの教訓・・・  ◆

レース海面に機走で移動している時、スピート計の対地速度が

7.5ノット前後を示しました。[E:yacht]

通常の機走でしたら6.5ノットも出れば良い方ですので

潮流だけで約1ノット以上ある感じです。[E:typhoon]

風は弱く、南2mくらい・・・

アンカーリングした本部船のバウが潮流の影響で北を向いていました。 

P4180009

このような潮の強い海面は、若洲のディンギー練習の時に何度か経験したことがありましたが潮流の影響はかなりあると思いました。

スタート前にクローズのチューニングを行いアウターの先まで帆走していると、間もなくスタート5分前!

慌てて4分前ギリギリまでエンジンを駆け機走で本部船の近くの下側に移動し、レース海面とは逆向きのポートのランニング状態をスタート1分前まで待機・・・ してました。

そして、バウアップからのタックでは本部船に流されるので、ジャイブで方向を変えスタートラインへ・・・

通常の感覚でスタートラインを流していては潮流が約1ノット以上あるため、艇がドリフトしながらラインを越えてしまうと思い慎重にラインへ [E:run]

多少遅れましたが上下に艇がいないフリーの状態でスタート! [E:yacht] [E:dash]

(写真はTYCより提供)

スタート時ですが、一番手前がイーグルⅠ世です。

Tyc20102_1

ライン中央からアウターよりでは、数艇が団子状態になっており、スタート後リコールがコールされ1艇は解消しましたが、それでもリコールを示すX旗は降下しないまま・・[E:up]

リコール艇は、まだその中に・・・[E:eye]

でも、レース続行![E:yacht]

Tyc20102_2

当艇はリコールの心配はないポジションでしたので、そのまま快走![E:dash]

途中、Stella艇とクロスしましたが、この時に押さえのタックでカバーするのがセオリーでしたがそのままスタボーでやり過ごしてしまいました。 [E:happy02] 反省・・・

クロスしてから風の振れと潮の影響で明らかにポートが有利のようでした。

少し気がつくのが遅かったようでしたがポートに切り返し、トップで快走するASTO艇とStella艇を追随!

この日の2艇は、快調でしたね・・・

先行した状態からブローを上手くとらえて快走していました。

当艇もそれなりに微風に細かくトリムを行いマーク回航もトラブルなく最終下マーク回航!

P4180017

下マーク回航時に早稲丸艇からミズをとられましたが、回航時にインサイドに入ろうとわずかな隙間にバウをコントロールして上手く入りクローズ! 

50cm前後まで近づいたような感じでした。 

その後、上り角度の良さと艇速を生かしてリードし、フィニッシュへの最終アプローチ!

途中、義船艇とクロス!

P4180020 P4180022 P4180023 P4180024

フィニッシュライン間際でタックを入れてフィニッシュ!

しっかりホーンが鳴り  一安心!

Tyc20102_3

着順位は5着で、1着、2着の艇には修正でも無理だと思いましたが、それ以外の艇にはそこそこ行けそうな感じはしました。

そしてマリーナ帰着後、1着と2着がリコールだと聞き、もしや・・って思っていたら

何と、修正で優勝!

正にタナボタ優勝! って感じです。

http://www2d.biglobe.ne.jp/~tyc/2010/result2010/result_2_0418.pdf

でも、スタートをいつもより慎重に行った結果と、レース中の帆走も小まめにトリムしクルー全員が頑張った結果ですね!

TYCは今期初レースでしたのでとても嬉しいです。[E:happy01]

レース参加のみなさんお疲れ様でした。 

来月も頑張りましょう!

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:yacht]

2 Comments

gypsea says...""
優勝おめでとうございます。
ASTOに春はまだ来ない。
リンクさせていただきました。
2010.04.24 11:46 | URL | #79D/WHSg [edit]
おおたに says...""
優勝おめでとうございます!この調子で総合優勝目指してがんばってください~
2010.04.23 17:25 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。