◆ Y23 マストを2人で倒す方法 ◆

日曜日に安全祈願祭が行われた午後に、急遽、イーグルのマストをちーちゃんと2人で倒すことになりました。

P1240016_2

本来は、新しく作り直したサイドステーを取り付ける予定でしたが、マストの他のメンテを行うことも考え倒すことにしました。

いままでも、何度か倒したことがありましたが、安全第一を考え慎重に倒しました。

Y23のマストを2人で倒す段取りは、次の通りです。

この方法は、あくまで私が今までY23のマストを倒す際に経験したことを基に考えた段取りですのでご参考まで・・・

1.まず、マストが倒れる方を桟橋になるように艇を移動します。スタンが桟橋に着くくらい近づけます。そして艇が出来るだけ揺れないように舫います。

2.マストを倒すとコンパニオンウエイがマストで潰されてしまうので、始めに外しておくことが必要です。 初めて倒したときは、この事を知らなかったので結構大変でした。

3.マストとマスト台座を取り付けているボルトを緩めナットを外します。ボルトは入れたままです。ボルトの近くに航海灯用の配線がありますのでこれを外すことも重要です。

4.ブームを外し、スピンハリヤードのシャックルをバウのジブハリの付け根のアイに取り付けます。

5.倒す際にマストが左右にぶれないように、マストまで引きこんだトッピングシートのシャックルにジブシートのシャックルを取り付け、その2本のシートを左右のライフラインのスタンションの付け根のアイを経由して左右のウインチに固定します。 サイドステーはそのままですが少し緩めておきます。

6.この状態で、フォアステーのターンバックルを完全に緩めて外します。

7.スピンハリヤードをウインチを使いながらゆっくり緩め、左右にぶれるのをトッピングに取り付けて左右い振り分けたジブシートのテンションを調整して倒します。マストの倒れる角度が、残り30度~10度くらいが特に厳しくなるので注意が必要です。

8.倒れる瞬間は、一人がトラベラーの辺りに立ってマストを抑える事になります。 結構重いですが何とか持てる重さです。

9.マストを倒しすぎるとマストの付け根のアイがデッキを押しつぶすこともありますので、一人がスタン側でマストをねじれないように持ち上げておき、もう一人が台座に取り付けているボルトを抜きます。

大まかですが、こんな感じです。

今回、スピンハリとジブハリのマストシーブボックスを初めて外しました。

Nec_0137_3

固定している、ボルトが固くてプラスドライバーでは1本しか緩まなく、もう1本はねじ山が潰れそうになりやばい感じでした。

デバイスプライスがありましたので、それでねじを回したら何とか緩んだので助かりました。もしも緩まなかったら大変な作業になるところでした。

今まで、スピンハリを上げる際に、とても重かったので、原因はシーブだと思っていましたので、調べてみるとやはりスピンのシーブとボックスに2mmくらいの隙間がありガタつきがありました。

ジブのシーブも軸穴が大きくなっておりガタつきがありました。

このガタつきの修理は、シーブの交換およびボックスとシーブの隙間をシーム等を入れて調整することになると思います。

Nec_0135

写真は、スピンハリヤードの外径55mmのシーブです。

Nec_0138

こちらは、ジブハリ用の50mmシーブです。

まだまだ、調べていないところがあるので、2月の中旬まではマストのメンテナンスを徹底的に行う予定です。

[E:yacht][E:dash] ブログを [E:eye] ご覧頂きありがとうございます!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ マークの応援[E:good]クリック[E:thunder]が励みになります。

3 Comments

マサニイ says...""

2010.01.19 16:42 | URL | #79D/WHSg [edit]
says...""
----◆
まさゆきさん
コメントありがとうございます。
いろいろな方法がありますね・・・
やはり、一番はマストが左右に振れるのを抑えるのが肝心ですね・・・
初めて倒したころは、この辺こことが分からなくて結構しんどい経験をしました。
でも、その頃は人手が5人くらいいたので、どたばたしながらも対応できましたが、最近はちょっと人材不足です。
マストのねじれもやばいですよね・・・
マスト側の付け根の、台座へボルトを通す二股の溝が変形してしまいますからね!
これからもよろしくです!
マサニイ

1970.01.01 09:00 | URL | #79D/WHSg [edit]
まさゆき says...""
いつも楽しく拝見しています。
ワタシの経験では・・
スピンポールの一端をマストステップ近くに固定し、バウデッキに添わせて反対側のフィッティングにフォアステイを繋ぎ、エンドフィッティングとフォアステイチェインプレートとの間を二分の一テークルでつなぎます。
そのテークルをウインチで緩めながらマストとポールを90度くらいの角度のまま倒して行くと最後まで力は変わりません。
起こす時はその逆をすると一人でも起倒できます。
注意点はマストもポールも左右に倒れないようにすることです。
2010.01.19 14:27 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。