◆ Y23 スピントラブル【映像集】 ◆

TBCレース第8戦(最終戦)が終了しましたが、強風レースのためかいろいろトラブルがありました。

今回、1R目のトラブルテンコ盛り映像をアップします。

「失敗は成功の基」

ですので、今後のレースの参考にしてください。

今回の記事は、少し長文ですのでお付き合い下さいね・・・[E:coldsweats01]

今まで、当艇では失敗やトラブルがあった時は、その原因をみんなで考え、話し合い、そして、改善策のアイデア[E:flair]を出し合って、次のレースにはその成果を出してきました。

失敗やトラブルは、クルーワークや艤装等を見直すための

とても貴重な宝物です。[E:shine]

怒鳴ってばかりいても、[E:yacht]は速くならないですからね・・・

強風時は、艇速が速いので、レグの短いレースでは

あっと言う間にマークが近づいて来ます。

強風時の練習は、中々出来ないですが、そのタイミングは微風とは違って、一つ一つの作業が目まぐるしく行うようになりますね。

頭の中を整理するも大事ですが・・・

身体で覚えないと動けないかも知れないですね。

行う作業は単純ですが、それが自然にできるかどうかは、

普段の練習次第です!

今回、当艇のバウマンは普段の練習通りスピンポールのトッピングとスピンハリヤードを、その都度外して付け替えをしましたが、慣れない強風時はそのタイミングが遅くなりました。

今後はハリヤードやシート類を付けたままにしてみようと思いますが、その際に問題になるのが、スピンハリヤードやトッピングシートがぶらぶらしてしまうことだと思います。

それを補うのにどうするか???

いろいろ考えた末・・・・[E:flair]

ベルクロテープ(マジックテープ)[E:annoy]

で仮止めをするように工夫しました。

ベルクロテールもいろいろありますが、メインセールのアウトホールのクリューをブームに縛る時に使用する、ちょと強力なもの予備が、たまたまありました。

フックやカタビラ等ではいざという時に外れ忘れがあり、またトラブルの原因になりますが、このベルクロテープだと抑える程度の力は十分あり、ちょっと強いテンションをかけると外れるようになります。

取り付け箇所としては、スピンハリヤード用は、左のライフラインの中央のスタンション上部に巻き付けてセットし、トッピングシートの処理は、マストの付け根にベルクロテープを巻いてセットしました。

どちらも、テープの端っこで止める様にしました。

この案はベイサイトへ回航中に艤装をチェックしている時に思いつきました。[E:flair]

出来れば、スピンポールをマストに垂直にセットできるように改良したいのですが・・・

そうすることで、ジブシートとポールの干渉が少なくなります。

しかし、その場合、マストの正面にセットすることになり、セールへ流れる風を乱すような気がしますのでちょっと実行するには抵抗があります。

ポールをブームに取り付ける、ロケットランチャー式も考えましたが

これもどうかと ・・・ ????

できるだけ単純なシステムにするか?

クルーが対応できるようになるか?

どちらを選ぶか??

まあ・・ 焦らず こつこつと行こうかと・・・

↓ ↓ ↓ [E:thunder] 応援クリック宜しく~!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

2 Comments

マサニイ says...""
りょうさん
こんにちは、そうですか・・・
サイドステーにビニテもいい考えですね
Y23の場合、サイドステーにスピンハリヤードを付けるとタックの際にジェノアがそのハリヤードに干渉してしまいますね・・・
少し緩めにしておけば良いかもしれませんが・・・
ライフラインに取り付けたベルクロのテープは、19日に更新したブログでステラさんを写した写真に写っています。
http://eagle1.no-blog.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2009/10/19/pa180141_3.jpg" rel="nofollow">http://eagle1.no-blog.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2009/10/19/pa180141_3.jpg
今後ともよろしくです。
マサニイ
2009.10.20 00:00 | URL | #79D/WHSg [edit]
りょう says...""
今晩は、リョウです。
 今回のビデオを見させてもらいました。すごく勉強になりました。自分でも、強風では立ち姿勢が崩れ、思うように動けないが常です。
 すでにベルクロで留めてあるなら、問題ないと思いますが、
 僕がY30 に乗る時は、トッピングのシートを、スピンポールのエンドと一緒に、サイドステーに噛ませるようにしていました。
 ハリヤードは、ベアウェイセットでもジャイブセットでも、セールにつけたままにし、その代わり、必ず上降ろしでやれば、降ろした後に、やはりサイドステーにビニールテープで二三周巻いています。
 そうすれば、スピンUP の際は、ポールをサイドステーから外すと同時、シートもはずれ、そのままセット。
 ハリヤードを強く引けば、ビニールテープも切れるだけでUPできます。
 ただ、慣れもあると思いますので、必ずしもベストとは言い切れません。
2009.10.19 23:24 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。