◆ 逗子マリから夢マリへの回航 ◆ 

初島ダブルの翌週7月1日(土)は、逗子マリから夢マリまでイーグルを回航した。

朝4時に起きて、五反田駅を5時頃の山手線に乗り、品川駅から横須賀線にて逗子駅へ移動!

逗子駅には6時半頃到着し、タクシーにて逗子マリへ向かい準備を行い7時半頃に出航!


DCIM1863.jpg


DCIM1867.jpg


天気は良く、風も予報通りの南風10~14ノットで、最初は城ケ島に向けてスターボーのクローズにて帆走!


定置網が結構沖にもあり注意しながら帆走し、約3時間ほどで城ケ島の三崎を抜けて東京湾奥へ向けてポートのブロードリーチで快走!

この辺りも岸よりは定置網があり、結構沖出しをしないとヤバいです。


浦賀水道の本船航路に注意して、順調に剣崎と観音崎まで来た。

この日は、本船の往来が多く航路を避けようとしていたら、中ノ瀬航路から千葉よりを通過してしまいそのまま航路を横断せず木更津方面へ向かった。

この横浜沖辺りから風が弱くなり更に北風に風向が変わって追い風から真上り状態でタック・タックのクローズ帆機走!


DCIM1872.jpg


DCIM1876.jpg


海ほたる近くまでくると、風がなくなり機走になりましたが、マーキュリー3.3馬力で残り約15マイルをフルスロットルでは負担が大ききと思い、5割程度のスロットルでのんびり回航!


それでも、途中、数分程度の休憩を入れながらなんとか風の塔を16時頃通過し、通常なら約2時間くらいで夢マリに行けるところですが、東京港への侵入航路への本船の往来がかなりあり、何隻も通過待ちをした。

そんなタイロスとエンジンの調子を伺いながら機走し、何とか日没前の19時に夢マリのバースにたどり着けました。


DCIM1884.jpg


その後、簡単な片づけを行い帰りましたが、家を出て帰ってくるまで約15時間ですから疲れますね・・・


DCIM1889.jpg


でも、トラブルもなく無事に帰って来れたことが何よりです。(^_-)-☆




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。