◆ 第3回ガッツリ練習会 微軽風コンディション ◆

1月としは3度目となるガッツリ練習会!
1週間前は爆風コンディションでしたが、この日は微軽風コンディション!

今年の練習テーマが、究極のダウンウインド!

P1280026.jpg

クローズホールドとダウンウインドを比べると、微軽風時のダウンウインドがまだまだスキルアップ出来る感じですので、この日は正にその練習にピッタリでした。



普段取りにクローズ帆走を行い、そしてダウンウインド!
休み無しで2往復し、約1時間半集中練習を行う!

微軽風のクローズ帆走でも風の振れはあるので、その振れに対して微妙なティラーコントロールを行う。

自分が決めたギアシフトを出来るだけ変えずにし、セールに対する風の流れを剥離させないようにする練習や、海面を見て高いポジションからブローが降りてくる場合は、スピードを殺してでも高さをキープした5速を保ってそのブロー帯に乗せて行くことを考え、逆の場合は高さより艇速を重視した2~3速でブローを獲りに行く練習など、1~5速まで、どのギアポジションでも求めるモードで走り続けることが重要で、このテクニックはヘルムスが磨けば磨くほど走りに差がでて来ると思います。

ダウンウインドでは風が前に振れた時やブローの際はベアーし、その逆に対してはバウアップ!
風の強弱に対してスピンセールがギリギリのパワー得る角度へトリムが保てるよう、セールやトリマーの動きを見ながらティラーをコントロールするが、以前よりセールに受ける風の動きが解るようになって来た。

レースに於けるクローズとダウンウインドでの帆走時間は多くを占めます。その帆走時間に於いて他艇より的確な帆走が出来れば、出来ない艇と少しづつ差ががつき、結果や成績に反映されると思います。

集中して練習を行うとあっという間に時間が過ぎ、12時過ぎにランチタイム! いつものオリジン弁当!

休憩後、13時から15時まで約2時間練習! 
午後からの練習の方が、風の変化に対して敏速かつ的確に反応出来るようになり、練習の成果が少しづつ実感できるようになった。

ちーちゃんもヘルムスの練習 (^O^)/

P1280028.jpg
P1280040.jpg

帰港後は、後片づけを行い16時過ぎからマリーナの2階オーナールームにて練習映像を見ながら約1時間半ミーティング!

DCIM0971.jpg

DCIM0974.jpg

この日もマリーナを帰る頃は、日が暮れていました!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。