◆ 船底メンテは、まだまだ続く・・・ ◆

先日の10月23日(日)も夢マリに行き、イーグルの船底メンテの状況を確認。

この1週間は、シージェット39を塗るために古い塗料を全て削り取る作業を行っていたが、その際、キールの付け根に入っていたクラックを開くと腐食が大分進行していたようで、錆落としやパテ形成などが行われていたようだ。
その他、いたる所に目立つ凸凹があり、全てパテ形成されたようです。

DCIM1098.jpg

ラダーの面や付け根が凸凹していたようで、その部分も綺麗にパテ形成されていました。

DCIM1094.jpg

そして、日曜日はエポキシを塗って下地の仕上げが行われていました。

エポキシ塗りを行ってから、一旦、船底の歪みを整える面出しをするため軽く削る作業が行われるようです。

スターンの最後尾は、海面に浸らないのに船底塗料が塗られていたので、この部分はハルと同色の光沢仕上げにするようです。

DCIM1099-2.jpg

これまで、何度も船底削りを行って来たため、部分的に削りすぎたような部分もあり、特にキールやラダーの側面にはセールと同じようなシェープが出るようなパテ成型および面出しも行われたようです。
キールやラダーは、綺麗な流線形のシェープが水中でも揚力を発揮させるので大事なポイントになります。

DCIM1100.jpg

素人には、解らない微妙なシェープを出せるのも、国内有名チームのレース艇を手掛ける大木兄弟の匠の技です。

更に、再修正に出していた、ラダーのシーブが届いたようで、シャフトへの治まりも良いようです。

DCIM1105.jpg

デッキ側に取り付けるシーブも、アルミのベースにはめ込まれていましたが、ラダーのシャフトを入れたフット感も良いようです。

DCIM1102.jpg

船底側のシーブも、オリジナルよりも少し長めに作成し、ホールド性を向上させたようです。

DCIM1106.jpg

DCIM1093.jpg

船底メンテは、余裕をみて11月5日(土)まで時間を取り、順調に作業が出来ればこの日に下架する予定でいます。

そして、翌日の6日のTYCレースに参加できればと思っています。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。