◆ ミニトン全日本初参戦の9年前は、8艇中8位の最下位 ◆

イーグルⅠ世がミニトン全日本へ初参戦したのが、今から9年前の2007年10月に浦安で開催された第27回ミニトン全日本選手権大会でした。
その時の成績は参加8艇中8位の最下位です。
5レース行われましたが8位、7位、8位、8位、8位でダントツの最下位でした。

第27回ミニトン全日本選手権大会リザルト

その6年後の2013年に再び浦安で開催されたミニトン全日本選手権では初優勝し、その後、琵琶湖、鹿児島で連覇、そして浦安では3回目の開催となった第36回ミニトン全日本選手権にて、5レースオールトップの完全優勝し、ミニトン全日本4連覇を達成しました。

第36回ミニトン全日本選手権大会リザルト

このような成績を達成できるようになったのも、ミニトン全日本での優勝を目指した頃から、毎年、約20~30回の定期的な練習会のコーチングとレースに参戦頂いたプロセーラー本吉夏樹氏のお陰とチーム全員の努力の賜物かと思います。

IMG_3938.jpg
IMG_3947.jpg
IMG_4199.jpg

2013年からの4大会で20レースが行われましたが、毎回、風速10~20ノットの風が吹くことが多く、Y23Ⅱの当艇にとってはとても走りやすい風でした。

レースが始まれば、ヘルムスはタクティシャンのコース引きに対してその指示に従い、前方の海面の波やブローの状況を見ながら、艇のヒール角度とジブのテルテールに集中し、廻りの艇の状況は気にしないよう指導され、とにかく艇の帆走に集中しなければなりません。
上り角度を微妙に変えたクローズホールドや、オーバーヒールをさせない帆走とタックなど・・・ この数年間で色々学びました。
独学では学びきれないことばかりで、やはり、優秀なコーチはチームや自分自身のレベルアップには欠かせないことかも知れません。

DCIM0869.jpg
DCIM0872.jpg

このところ、雨続きのためレースで濡れたセールを片づけ出来ていませんでしたが、晴れた日曜日にやっと片づけが出来ました。
今年で4年目になる本番レース用のセール全てを1枚づつアトリウムにて広げて空拭きをし、平置きできるイーグルロフトへ大切に保管しました。 今回、約1年ぶりに使用しましたが、次回、使用するまでゆっくり休んでもらおうと思います。

DCIM0875.jpg


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。