◆ ド強風の第11回ガッツリ練習会 ◆

6月4日(土)に、予定通り第11回ガッツリ練習会を行った。
爆風予報であったが、強風練習も大事であり気合を入れて出航!
荒川の鉄橋を超えると予想通り20ノットオーバーの強風・・・・

4_20160605011002e09.jpg
5_20160605011000275.jpg
6_201606050109595c4.jpg
7_201606050109584a5.jpg

多少引潮が残っており、南風と反発して波が大きかった。

P6040303.jpg

クローズ帆走でゲートブリッジの航路出入口の赤灯標まで行き、ダウンウインドをスピン帆走し、まずは1本目を約1時間で終了!

P6040275.jpg

強風を避けて休憩しようと若洲ヨット訓練所の湾内入ったが、この日は強風のため湾内にマークブイを打ってレースを行っていた。
途中、若洲の運営船が近づいてきて久々に田中先生に会い挨拶!

P6040295.jpg
P6040298.jpg

湾内を往復して直ぐに退散し2本目の練習を開始! 1本目よりクローズは少し長めに帆走。
風も更に強くなり25ノットオーバー!

2本目のダウンウインドは艇の負担を考慮して、スピンアップはせずジブの観音開きで帆走!

P6040278.jpg

それでも艇速は10ノット前後!

P6040293.jpg

約1時間で2本目も終えて、このままもう少し練習を続けることにしたが昼飯を食べるため強風を避ける場所として、ダメ元で若洲ヨット訓練所の湾内へ行ってみた。
するとちょうど昼休憩中だったので湾内を機走しながら昼飯休憩をとらせて頂いた。
また、運営船が近づいてきて若洲ヨットの小山先生だったので挨拶し事情を説明!

オリジン弁当のかつ丼をガッツリ食べて、最後の3本目を帆走するため気合をいれてまた沖に出ました。

3本行った練習中に、ステーのチューニングを今までと違うセッティングに変えてみたが、変えるたびにその効果が出て走りやすくなったので良いデータが得られました。

P6040273.jpg

クローズでの帆走は、ブローや波の影響を最小限にヒール角度を安定させ、大分良いフィーリングで帆走出来るようになった。
その帆走中でもハイモード、スピードモードの切り替えも出来るが、タックのリズムがあまり良くない。
次回、強風練習がある際はその辺を注意して行いたいと思う。


早目に海上練習を終えて艇のメンテナンスを行うことにした。 バックステーにテークルを掛けているシートが傷んでいたので交換

メインセールのチェックを行うと、大分痛みが出ており修理テープでは修復に無理がありそうなので専門家に修理をしてもらうことにした。

P6040306.jpg

メンテナンスを終えてから少し遅くなったが、練習映像を観ながら約1時間のミーティングを行ってこの日の練習を終了した。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。