◆ TBCレース第2戦に初参戦! ◆

4月10日は、TBCレース第2戦!

DCIM0186.jpg

レース海面に行く途中、4月7日で2周忌を迎えた市川氏に海上献花しご冥福を祈った!

DCIM0187.jpg

レース海面に到着すると、風は東~南東の微軽風・・・・ 
上マークに対して若干右振れしていた感じでしたので本部船有利な感じ!

DCIM0192.jpg

潮流は引潮で北東から南西への流れ
本部船からのスターボーロングが良い感じだが、風も弱く本部船からのスタートはかなり厳しい感じがした。
勝負に拘らないで、他艇との艇速や上り角度のチェックを重視し、スタートがし易いアウターから出ることにした。

DCIM0189.jpg

予定通りアウター目一杯からのスタートができ、スターボーを長めに帆走したが向い潮で横流れはしなかった。
しかし、タックしポートになった艇は横から潮の影響を受け、すごい勢いで横流れが起きていました。
潮の流れを考え、かなりレイラインをオーバーランしたポジションからタックし上マークへのフェッチング!

DCIM0193.jpg

ワンタックで上マークに張り付く様な回航でき、ダウンレグは風が弱いので上り角度をつけスピンセールにパワーが入るギリギリを探りながら帆走! 下マークへのアプローチも推進力がなくなると潮に流されるので、艇速を落とさず下マークも張り付く様な回航をした! コースは4レグから3レグに短縮されクローズでフィニッシュ!

DCIM0195.jpg

プロパーコースとしては、不利なアウターからだったので帆走距離が多めになったが、微風時のアップ&ダウンの帆走角度を意識しながら走れ無事フィニッシュもでき、他艇との走り合わせで感じる感覚や潮がどう影響するかなどが解ったので良いレースが出来ました。

結果はリコール艇が多かったようでその影響でクラス3位と好成績!

2016 TBC第2戦リザルト

レース後、次のレースに参加しない旨を本部船に伝え、午後から用事がある重田さんに合わせて帰港!


午後からは、エンジンマウントの腐食が目立って来たので交換作業。

DCIM0197.jpg
DCIM0199.jpg
DCIM0198.jpg

これまでオリジナルの初代マウントから、2代目のマウントに交換して4年ほど使い、今回が3代目マウントになるが、また4~5年は使えるでしょう!

DCIM0201.jpg

DCIM0202.jpg



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。