◆ 今年初レース! TYC第1戦 ◆

3月27日(日)は、今年初レースとなったTYC第1戦!

レースコミッティーは、オージーガール艇(本部船)と、ZEPHYROSチーム

P3270035.jpg

クルーは、私とちーちゃんのダブルハンド!

P3270040.jpg

風の予報は、軽風から順風のようだったので、前日のガッツリ練習会で多少ダブルハンド練習も行ったし不安はなかった。
今年もレースクラスBで、クラスナンバーは3番!

P3270041.jpg

前日の練習では第3立標近くで帆走していたので、潮の影響が強く感じたが、TYCのレース海面は南寄りの沖合なので潮の影響は弱く感じた。

P3270073.jpg

スタート前の風は、北寄り4~5ノット! 前日の練習と同じような風速!

前日は、北東から南東寄りにシフトしたので、この日も北から東に触れる感じがした。
スタートラインは上マークに対して、本部船の位置が高かったので本部船有利!
引潮は北東から南西に流れ、更に西寄りは河口の流れの影響が強いと判断!

そして、自艇のクラスは艇速の速い大型艇が一緒のため、スタートラインの中央や下からではどんなに良いスタートをしても、直ぐにブランケットにされてしまうので、出遅れても本部船寄りからのスタートが良いと判断!

全ての状況を考え、本部船からのスタート後、即タックで右海面に早目に移動し、頃合いの良いところでスターボーに返し、東振れの風に乗せて上マークにアプローチするレース展開を考えた。

予定通り本部船からのアプローチを行ったが、下側に多数の艇と大型艇が混み合い壁が出来て風が抜けなくなり、艇速が付かなかったが即タックをするスペースがあったので右海面へ出すことに成功した。

TYC1-1_201603290049137d7.jpg

その後、フレッシュウインドでポート帆走を行い、風の振れを予測しスターボーに返したが上側で34ft艇にタックされブレンケットを食らったので一旦逃げタックを2回行う。

フレッシュウインドでスターボーを快走し、予想通り風も東に触れ最短で上マークへアプローチ!
クラス2番手でマーク回航!

前日の練習の成果もあり、回航と同時にスピンアップ&ガイシートを引いてセールをはらませることが出来た。

この日のようなレース展開では、片上りコースになり1上マーク回航で勝負が決まってしまう傾向があり、帆走コースが左右に展開しないため中々逆転するチャンスがなくなってしまいます。

ダウンウインドレグでは、ちーちゃんがスピントリムを行ったが、風が振れた分セールトリムもやりやすくなっていたが初めてのトリムにしては上出来だった。

TYC1-2_20160329004914303.jpg

その後、下マークが混戦状態だったが、慌てずスピンダウンし、マーク回航からクロースホールド、そして即タックを行い、スターボーで帆走!
途中タックは入れずに1本タックで上マークへのレイラインに乗せることにした。
クロースの艇速は、廻りの艇と走り比べても悪くなく、前日の練習でも行ったギアチェンジを試してみたが、2速のローギアに入れるより3~4速の方が艇速の大きな差は無く上り角度が稼げた。

自艇の練習では出来ない相手艇との走り合わせやマーク回航時の絡みがレースでは出来るので、やはりレース参加は大事ですね!

レース後半、風が軽風から順風になり走りやすくなったので1上マーク回航のリードを保ち、着順2位、修正1位!

TYC第1戦 リザルト

レース展開の読みが上手くいき、良い結果を出すことが出来ました。

表彰式の後、トラベラートラックのマーキングをやり直しました。

P3270088.jpg

油性マジックでの記入から、テプラシートを作成し貼り付けました。

P3270087.jpg

P3270089.jpg

P3270090.jpg

P3270092.jpg

P3270095.jpg

日頃のメンテは大事で、細かな工夫は見た目も解りやすくなります。
来週は、ジブリーダーのマーキングをやり直します。(^_-)-☆

デュバリ‐ブーツケースで良い物があったので、寅一からコンバートしました。

P3270061.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。