◆ 第36回ミニトン全日本選手権 レース公示 ◆

第36回ミニトン全日本選手権大会に関するお知らせが、日本ミニトン協会東京湾支部のホームページより公開されました。

ミニトンマーク

日本ミニトン協会 東京湾支部ホームページ

第36回ミニトン全日本選手権 レース公示

期   間  2016年9月17日(土)~ 9月19日(月・祝)

共同主催  JSAF特別加盟団体日本ミニトン協会、公益財団法人日本セーリング連盟

後   援  JSAF加盟団体外洋東京湾

協   力  外洋東京湾東京フリート、浦安マリーナ、東京夢の島マリーナ

開 催 地  浦安マリーナ(東京湾・東京ディズ―シー沖及び海ほたる周辺の海域)

◆ TYC第4戦ダブルハンド ◆

6月19日はTYC第4戦が行われ、ダブルハンドで参加!
予報では風がちょっと強くなる感じだったが、優秀なちーちゃんがいるので安心してレースに出れます。
でも、無理はしないようにと考えていました。

P6190268.jpg

前回のガッツリ練習会後にセールチェックをした際、ケブラーメインセールが大分傷んでいることが解り、補修テープでメンテをするには厳しいので、フットセールにメンテをお願いしていた。
そのため、この日のメインセールは予備でもっていた標準サイズのダクロンを使用することにした。

P6190277.jpg

海面はうねりがあり、3.3馬力の船外機ではスクリューが浮いてしまい機走は厳しかったが、メインセールを上げて機帆走し何とかレース海面へ到着!

レース海面に着くと、引潮の影響が弱くなり、うねりも小さくなってきた感じがした。
しかし、風は強くなる予報だったので、№2ジェノアを選択!

1レース目は予定時刻10時35分に予告信号が発せられ、本部船寄りから出るつもりだったが、大型艇が密集しそうだったので、ライン中央からアウター寄りでスタート!

P6190284.jpg

風は思ったほど強くはなく№2ジェノアだと、少しアンダーパワー気味だった。
普段使用しているレースセールはビックローチだが、この日使用したダクロンセールは標準カットでなので、パワーが今一つ出ない。

P6190300.jpg

ダブルハンドだったので、クローズでは風の当て過ぎを注意して帆走するが、抜きすぎると急激に失速してしてリーウエイしてしまいその加減がシビアだった。

1レース目のマーク回航では、優秀なちーちゃんのバウワークで段取り良くスピンアップとダウンが出来て4レグを無事フィニッシュ!

2レース目のスタート後は、風が更に強くなるのかと思いきや、15ノットから10ノットくらいに弱くなり、№2ではかなりアンバーパワーな感じだった。そんな焦りもあり、スピンアップとダウンでは、段取りを間違えてちーちゃんに迷惑をかけてしまい反省!

色々あったが、何とか無事2レースを終えることが出来た。

P6190302.jpg

レース結果は、1レース目5位、2レース目4位で、クラス8艇中6位!
成績は今一つだが、着タイムはこの日のパフォーマンスを考えると悪くない感じがする。

何よりもレースが出来たことが、一番楽しいかった(^_-)-☆


◆ ド強風の第11回ガッツリ練習会 ◆

6月4日(土)に、予定通り第11回ガッツリ練習会を行った。
爆風予報であったが、強風練習も大事であり気合を入れて出航!
荒川の鉄橋を超えると予想通り20ノットオーバーの強風・・・・

4_20160605011002e09.jpg
5_20160605011000275.jpg
6_201606050109595c4.jpg
7_201606050109584a5.jpg

多少引潮が残っており、南風と反発して波が大きかった。

P6040303.jpg

クローズ帆走でゲートブリッジの航路出入口の赤灯標まで行き、ダウンウインドをスピン帆走し、まずは1本目を約1時間で終了!

P6040275.jpg

強風を避けて休憩しようと若洲ヨット訓練所の湾内入ったが、この日は強風のため湾内にマークブイを打ってレースを行っていた。
途中、若洲の運営船が近づいてきて久々に田中先生に会い挨拶!

P6040295.jpg
P6040298.jpg

湾内を往復して直ぐに退散し2本目の練習を開始! 1本目よりクローズは少し長めに帆走。
風も更に強くなり25ノットオーバー!

2本目のダウンウインドは艇の負担を考慮して、スピンアップはせずジブの観音開きで帆走!

P6040278.jpg

それでも艇速は10ノット前後!

P6040293.jpg

約1時間で2本目も終えて、このままもう少し練習を続けることにしたが昼飯を食べるため強風を避ける場所として、ダメ元で若洲ヨット訓練所の湾内へ行ってみた。
するとちょうど昼休憩中だったので湾内を機走しながら昼飯休憩をとらせて頂いた。
また、運営船が近づいてきて若洲ヨットの小山先生だったので挨拶し事情を説明!

オリジン弁当のかつ丼をガッツリ食べて、最後の3本目を帆走するため気合をいれてまた沖に出ました。

3本行った練習中に、ステーのチューニングを今までと違うセッティングに変えてみたが、変えるたびにその効果が出て走りやすくなったので良いデータが得られました。

P6040273.jpg

クローズでの帆走は、ブローや波の影響を最小限にヒール角度を安定させ、大分良いフィーリングで帆走出来るようになった。
その帆走中でもハイモード、スピードモードの切り替えも出来るが、タックのリズムがあまり良くない。
次回、強風練習がある際はその辺を注意して行いたいと思う。


早目に海上練習を終えて艇のメンテナンスを行うことにした。 バックステーにテークルを掛けているシートが傷んでいたので交換

メインセールのチェックを行うと、大分痛みが出ており修理テープでは修復に無理がありそうなので専門家に修理をしてもらうことにした。

P6040306.jpg

メンテナンスを終えてから少し遅くなったが、練習映像を観ながら約1時間のミーティングを行ってこの日の練習を終了した。


該当の記事は見つかりませんでした。