◆ 今年初レース! TYC第1戦 ◆

3月27日(日)は、今年初レースとなったTYC第1戦!

レースコミッティーは、オージーガール艇(本部船)と、ZEPHYROSチーム

P3270035.jpg

クルーは、私とちーちゃんのダブルハンド!

P3270040.jpg

風の予報は、軽風から順風のようだったので、前日のガッツリ練習会で多少ダブルハンド練習も行ったし不安はなかった。
今年もレースクラスBで、クラスナンバーは3番!

P3270041.jpg

前日の練習では第3立標近くで帆走していたので、潮の影響が強く感じたが、TYCのレース海面は南寄りの沖合なので潮の影響は弱く感じた。

P3270073.jpg

スタート前の風は、北寄り4~5ノット! 前日の練習と同じような風速!

前日は、北東から南東寄りにシフトしたので、この日も北から東に触れる感じがした。
スタートラインは上マークに対して、本部船の位置が高かったので本部船有利!
引潮は北東から南西に流れ、更に西寄りは河口の流れの影響が強いと判断!

そして、自艇のクラスは艇速の速い大型艇が一緒のため、スタートラインの中央や下からではどんなに良いスタートをしても、直ぐにブランケットにされてしまうので、出遅れても本部船寄りからのスタートが良いと判断!

全ての状況を考え、本部船からのスタート後、即タックで右海面に早目に移動し、頃合いの良いところでスターボーに返し、東振れの風に乗せて上マークにアプローチするレース展開を考えた。

予定通り本部船からのアプローチを行ったが、下側に多数の艇と大型艇が混み合い壁が出来て風が抜けなくなり、艇速が付かなかったが即タックをするスペースがあったので右海面へ出すことに成功した。

TYC1-1_201603290049137d7.jpg

その後、フレッシュウインドでポート帆走を行い、風の振れを予測しスターボーに返したが上側で34ft艇にタックされブレンケットを食らったので一旦逃げタックを2回行う。

フレッシュウインドでスターボーを快走し、予想通り風も東に触れ最短で上マークへアプローチ!
クラス2番手でマーク回航!

前日の練習の成果もあり、回航と同時にスピンアップ&ガイシートを引いてセールをはらませることが出来た。

この日のようなレース展開では、片上りコースになり1上マーク回航で勝負が決まってしまう傾向があり、帆走コースが左右に展開しないため中々逆転するチャンスがなくなってしまいます。

ダウンウインドレグでは、ちーちゃんがスピントリムを行ったが、風が振れた分セールトリムもやりやすくなっていたが初めてのトリムにしては上出来だった。

TYC1-2_20160329004914303.jpg

その後、下マークが混戦状態だったが、慌てずスピンダウンし、マーク回航からクロースホールド、そして即タックを行い、スターボーで帆走!
途中タックは入れずに1本タックで上マークへのレイラインに乗せることにした。
クロースの艇速は、廻りの艇と走り比べても悪くなく、前日の練習でも行ったギアチェンジを試してみたが、2速のローギアに入れるより3~4速の方が艇速の大きな差は無く上り角度が稼げた。

自艇の練習では出来ない相手艇との走り合わせやマーク回航時の絡みがレースでは出来るので、やはりレース参加は大事ですね!

レース後半、風が軽風から順風になり走りやすくなったので1上マーク回航のリードを保ち、着順2位、修正1位!

TYC第1戦 リザルト

レース展開の読みが上手くいき、良い結果を出すことが出来ました。

表彰式の後、トラベラートラックのマーキングをやり直しました。

P3270088.jpg

油性マジックでの記入から、テプラシートを作成し貼り付けました。

P3270087.jpg

P3270089.jpg

P3270090.jpg

P3270092.jpg

P3270095.jpg

日頃のメンテは大事で、細かな工夫は見た目も解りやすくなります。
来週は、ジブリーダーのマーキングをやり直します。(^_-)-☆

デュバリ‐ブーツケースで良い物があったので、寅一からコンバートしました。

P3270061.jpg

◆ 第6回ガッツリ練習会 ◆

3月26日(土)は、第6回ガッツリ練習会!

P3260001.jpg

クルーは、1人不在の4人で、風は北から北東の軽風から順風!
潮は中潮だったが昼過ぎまで引潮の影響が強く、沖出しは通常より2ノット速い7ノットオーバー!

P3260004.jpg

北寄りの風だったので、荒川の鉄橋をくぐって第2立標辺りからスピンアップのダウンウインド練習!

P3260012.jpg

午前中は、まだ風が軽風だったので、風速より潮流の方が速いと、セールにパワーが伝わらずに潰れてしまう現象が起こり変な違和感があったが、ダウンウインド練習を約1時間ほど行う。

P3260006.jpg

今まではスピンセールに入るパワー感がガッツリ入らないと感じなかったが、微妙に入って来る瞬間を感じ、そのギリギリのVMGを維持する帆走方法を、最近、やっと感じることが出来るようになって来た。

P3260007.jpg

その後、クローズ練習を約1時間行う。
クローズ帆走は大分安定してきており、上り角度を1速~5速まで決め、そのギヤを維持して帆走することは容易になって来た。

そして、昼過ぎにランチタイム! この日はオリジン弁当のトマト風味チーズハンバーグでした。

昼飯を終えた頃に潮止まりになり、スタート練習を行う。
上スタート3本、下スタート3本を数回繰り返す。
スタートポジションや微速前進のテクニックは以前より良くなったが、まだまだ、レベルは低く練習で感覚を体に染み込ませなければと思っています。思った通りにライン取りが出来ないと、パニック状態になりティラーの動かし方が荒くなるのでその辺は落ち着いて丁寧にコントロールしないといけない感じです。
解っていてもついつい、ガチャガチャ動かしてしまうのはダメですね・・・

P3260022_20160328220718fa5.jpg

風が5m前後になったので、久々に順風でのクローズ帆走を長めに行い、途中、スーパーハイモードの6速、7速の走り方も試してみるが安定した帆走が出来た。ローギアとハイギアの切り替えも即対応出来、クローズ帆走はかなりいいレベルになって来ました。

練習終盤の約30分、翌日のTYC第1戦がちーちゃんとダブルハンドになるのでプチ練習を行う。
ジブトリムの方法と、ダブルハンドでのスピンアップ・ダウンの方法を本吉プロからコーチングを受ける。

P3260018.jpg

16時に海上練習を終えて帰港し、17時から約1時間30分いつものように練習映像を見ながらミーティング!

この日も、練習からダメな点がいくつか見つかり、次回のガッツリ練習会で改善出来るようにしたいと思います。

次回は、第7回ガッツリ練習会が4月16日(土)、第8回ガッツリ練習会が4月29日(土)を予定しています。


◆ ウインチO/H その他のメンテナンス ◆

3月21日に東京の桜が開花しました。
桜は不思議なことに九州から関東辺りは、多少日数は違いますが、ほぼ3月下旬に開花しますね~
しかも、1週間ほどで満開になり、そして散ってしまう・・・
1年間の思いを約2~3週間に凝縮している姿は健気な感じがします。
今週は少し寒さが戻ってきているようですので、満開になるのは来週中旬から後半かもね~ (^_-)-☆

桜1

今は、卒業式シーズンで、4月初旬は入学式や入社式もあり、桜が絵に季節です。
世間では、新年度など様々な思いを持って4月を迎えるのかと思いますが、私も健康に注意して頑張りたいと思います。

さて、春分の日を含めた3連休は、土曜日が生憎の雨模様でしたが、その後は良い天気になったようで、私も、振替休日の月曜日に艇のプチ・メンテナンスを行いました。

最近の練習でタックのする際、ウインチにジブシートを巻いて引くとハンドルを刺した側と供回りして来ました。
高速で引くとハンドルがクルーの足に当ったりしてかなり危険です。
ウインチグリスが切れると、この症状になるので4機をオーバーホールしました。

ウインチメンテ1

ウインチメンテ2

バックステーを強度があるシートに変えていますが、たまにティラーを持ち上げ立てた際、バックステーのシートにティラーを固定しているボルトの先端が触れて、シート表面を毛羽だたせて痛めてしまうことがありました。
以前から気になっていたことで、今回、ナットをフランジ袋ナット(化粧ナット)に交換しましたので、もう、シートを傷つけることは無くなると思います。

DCIM0151.jpg

DCIM0150.jpg

そして、ボートショーで購入したフェンダーカバーを交換!
今回もカバーの色は、赤にしました。

DCIM0152.jpg

今週の3月26日(土)は、第6回ガッツリ練習会で、27日(日)はTYC第1戦があります。
天気は良いようですが、風の予報は微風のようです。

微風練習は大事ですからガッツリやりますが、レースは神経戦になるので辛くなりそうです。(ー_ー)!!



◆ お疲れ様! ジブシート ◆

練習用で使用しているジブシートの外皮が破れて来たので交換しようと思っています。

P3080092.jpg

使用していたシートは、本吉プロがこれまでの経験を活かして作成した拘りの一品です。
ソフトシャックルを使用し、クリュー側は外皮を剥がして、手元のリード側の一部は芯を抜いて軽量化した特注ジブシートです。

P3080088.jpg

破れた外皮を交換すればまだ使えるようですが、これまでのガッツリ練習会で酷使されたジブシートですので、ゆっくり休んでもらおうと思います。

P3080091.jpg

ガチ本番レース用として大きな大会でしか使用しない同じ仕様のジブシートがありますが、それを練習用にローテーションするか、新しく作った物を使うか使い比べて決めようかと思います。

新しいジブシートのシェイクダウンは、3月26日(土)のガッツリ練習会に行います。

今月から、クラブレースも始まり3月13日(日)は、TBCレースがありますが、この日は予定があり参加できない状態です。

3月27日(日)は、TYCレースですが、こちらは何とか参加出来そうです。

気候も日々暖かくなって来たので、益々セーリングが楽しくなりそうですね!

◆ デュバリーブーツ用の中敷&ブーツケース ◆

今回のボートショーで2代目となるデュバリーブーツを購入したが、デュバリーは中敷きの取外しが出来ないので、メンテナンスを考えると中敷きを入れて使用する方が良いと思っています。
その中敷きと、ブーツを収納できるケースとして代用できるものはないかと豊洲のホームセンタービバホームを物色!

中敷きは、今までも使用していたミドリ安全の中敷きを購入!

商品名がカップインソール AD-31WP グレイと言いますが、素材はEVA材を使用しており、薄い割にはクッション性やフィット性がいい感じです。価格も300円位ですのでかなりお手頃です。今まで色々試したけど、これが一番履き心地良くズレなくていい感じです。

進化した中敷きで、凹凸が付いたカップインソール DR-01WP グレイがあり、価格は400円くらいでしたので両方購入して履き比べてみましたが、凹凸がある方は多少厚さが増すため足を入れた際、ちょっと窮屈な感じになりました。
それと、凹凸は歩いていれば気持ちが良いのでしょうが、動きがないと凹凸の感触に違和感がありましたので、私的には凹凸がない平らな方を使用することにしました。 

P3060080.jpg

中敷きを入れる前と、入れた後はこんな感じです。

P3060081.jpg  P3060082.jpg

中敷きが決まり、次にブーツケースとして代用できる物はないかと物色していたら、良い物を見つけました。

ガテン系の有名ブランド「寅壱」のショルダーバックです。
この商品を見た瞬間、「これは使えるなぁ~」と、ひらめきました。

tora1
P3060079.jpg

デュバリーサイズ26.5cm UK8 がジャストサイズで入れられました。

P3060070.jpg

P3060077.jpg

価格も1,200円とこれまたお手頃価格でした。
生地はかなり厚手ですがポリエステル90%ですから柔らかい感触で、丈夫さや製法はしっかりしています。 流石、寅壱です。 素材/ポリエステル90%・綿10%

収納口の紐を引くと締まり、袋全体がリュックになって紐が肩に掛けて背負えるようになる優れものです。

デュバリー専用のグレンローブーツバッグも税込4,860円で販売されていますが、結構、デカイのでウエアなどと一緒にバックに入れるにはかなり厳しいです。

70726f647563742f647562617272792f6475393432305f33302e6a7067003330300000660066.jpg

今回の布袋だとコンパクトに収まり、大きめのバックにウエアと一緒に入れることも可能ですし、そのままリュックとして背負うことでき携帯性も悪くないです。

tora2.jpg

色のバリエーションも、黒、濃紺、赤、白、オレンジなど9色あり、ちょっとした小分け袋にも使えそうです。

寅壱の公式HPでは、この商品が税込1,749円ですが、豊洲のビバホームの方がは500円近く割安ですね~

ヨットの練習も楽しいですが、こうやって色々使えそうな物をホームセンターで探すもの楽しいです。
私にとって、ホームセンターは1日居ても飽きないですね~

該当の記事は見つかりませんでした。