◆ 第9回ガッツリ練習会&船底メンテ ◆

8月8日(土)は、第9回ガッツリ練習会があり久々に5人のフルメンバーが揃った。
前日までは35度を超す猛暑日だったが、この日は北~東寄りの風と雲も多めだったので多少過ごしやすかった。

RP8080006.jpg

風も4m前後あり練習にも最適で、午前中はストレート練習!
東京ゲイトブリッジ航路口の灯標を辺りまでスピンランでダウンウインド!
灯標を回航後はクローズホールドの練習を行い、午前中2往復練習することが出来た。

RP8080004.jpg

12時から、オリジンのハンバーグ&生姜焼き弁当を食べて昼休憩!

13時から練習を再開し、北東の風に対して第3立標を上マークにし、下マークはいつもの黄フェンダーを設置!
クルーワーク練習を2時間ほど行った。
しかし、この日は出航時から艇の滑りが悪くタックや回航する際の艇の動きが鈍かった。
通常4~5ノットの艇速がでる風速で、3~4ノットしか艇速が出来なくて、タックのタイミングに違和感があった。
そして、第3立標に対してポートアプローチからタックして回航する際、普段よりリーウエイが強く出て立標に接触してしまった。
スタンションベースに不具合がでてしまいフルハイクが出来ないことと、異常なほど艇速が出ないこともあり急遽上架することにした。

そして、上架すると船底にかなりの量の藻が付着していた。

RP8080012.jpg

高圧洗浄機で付着した藻を落とし船底をチェック!

RP8080028.jpg

10月の大会に向けて今年も船底をツルツルにする予定でいるので、船底塗装をどうするか悩んだがやはり約1ヶ月半船底塗装をしない状態では、藻の付着が侮れないので軽く塗ることにした。

RP8090033.jpg

9日(日)に、夢マリのディックスからシージェット34を購入し船底塗装開始!
その日に下架しようと思ったが、気温が高い状態では塗装が十分乾ききっていないようなので、1日上架を延期し10日(月)に下架することにした。

10日(月)からお盆休みになったので、この日9時過ぎに夢マリに行き、上架している艇の船台の位置を少しずらして塗り残した部分を塗装し、その後は、塗装が乾く夕方までハル磨きを行った。

RP8090036.jpg
RP8090053.jpg

まずはハルのバウ側の黄ばみが目立ってきたので酸性の特殊な液体を使用して除去作業を行い、その後、酸を流すため水洗いを行い、乾いた後にFRP用のワックス掛けを行ったがかなり綺麗になった。

RP8100013.jpg
RP8100016.jpg

これで、今後の練習も気持ち良く出来ると思う。

第10回ガッツリ練習会は、8月16日(日)を予定しており、9月中旬は2日間の合宿練習を行い9月下旬には上架して船底ツルツル作業と陸送準備を行う予定です。



◆ 8月になり夏真っ盛り! 今年も海上献花! ◆

8月1日(土)になり、毎月1日、15日恒例の地元五反田雉子神社へ参拝!

DCIM0212.jpg

参拝で気持ちも引き締め、暑い夏を乗り切りたいと思います。
この日のおみくじは、末吉でしたが、内容は良いことが書いていました。

DCIM0211.jpg

この後、マリーナへ行って8月3日が命日の、イーグル元クルー原さんの供養で海上献花を行いました。
2008年に逝かれたので今年で7周忌! 時が経つのは早いですね。

P8010074.jpg
P8010075.jpg

私のフェイスブックに今年で9周忌と書いてしまいましたが間違いでした・・・ 失礼!

P8010078.jpg

海上献花を済ませた頃、若洲ヨットの練習艇の皆さんがマリーナから出航してきました。
原さんが元気な頃、一緒に420で沢山セーリングを楽しみましたが、原さんはスナイプよりも420のトラピーズでフルハイクするのが好きでしたね~
風が吹いてプレーニングした際のスピード感は最高でした!

DCIM0223.jpg

真夏の太陽を浴びながら、体全体を使ってセーリングするディンギーは、やっぱ、楽しそうです!

その後、イーグルで少しクローズのストレート練習を行いましたが、大潮による引潮の影響が強く沖出しのクローズは速いですが、ダウンレグは半機走しても3ノット後半しかスピードがでなく、中々戻れませんでした。

DCIM0229.jpg
P8010098.jpg

何とか12時過ぎに帰港し急いで片づけをして家に戻り、その日の午後の14時半頃の新幹線で仙台へ帰郷しました。
この帰郷も毎年恒例ですが、8月2日が命日になる母親および先祖のお墓参りです。
本来はお盆に帰郷して行うのが良いのでしょうか、その時期は混みあうので8月の初旬に行っています。

該当の記事は見つかりませんでした。