◆ 今週末の予定 ◆

今月は、先々週にイーグルにてTBCレースに参加し、先週はストレイドックにてTYCレースに参加!

どちらも微軽風レースでした。

Tyc41

軽風レースは、本当に難しいですね! 

繊細なトリムとパフがどこにあるか? どこへ入りそうか?

潮の影響も大きく左右します。

リスクを回避しセオリー通りに行くか・・・ 

それともチャレンジ精神で攻めるか?

その時々によるかもしれませんが、その判断はやはり経験がものを言うのかもしれません。

まだまだ、反省することばかりです。

今週末も、人数は少ないかもしれませんがセーリング練習をしたいと思っています。

◆ 一日中雨の中、ガッツリ練習会 ◆

6月7日(土)は、一日中雨模様だったが、11時過ぎから16時近くまで第10回ガッツリ練習会を行った。

[E:rain]

午前中はストレート練習を行い、午後からスタート練習を行ったが前日からの大雨で川の流れの影響が強く、風は北風だったが常に引潮状態が強かった。

P6070449

普段は三枚州の第3立標辺りで練習をおこなっているが、この日は荒川河口からの流れが強すぎて練習にならないため、もう少し浦安寄りに移動し第5立標の近くにマークを打ち、スタート練習を行った。

P6070450

先週の第9回ガッツリ練習会では、クルワークを重点に回航練習を行ったが、大分いい感じになってきた。現在、ストレート帆走やマーク回航は、そこそこいい感じに仕上がってきているが、スタートのテクニックがまだまだなので、この日の午後はスタート練習のみに特化した。

3分前から始まり、レイラインへのアプローチ、艇速、角度、などなど・・・

上スタート、下スタート、中央スタートなど、連続で3時間くらい行ったと思う。

本数にして合計4~50本くらいやったかも知れません。

P6070454

1ヶ月前、そして、1週間前から比べると、大分、艇をコントロールできるようになり微速前進する際、リーウエイしないでラインに近づくことが出来るようになりました。

他艇がいないので自分の引いたコースで狙えるため、本番より簡単なシュミレーションになりますが、艇のコントロール出来なければ問題外になります。

先ずは、艇のコントロールが自在に出来るようになるのが重要ですので、その未熟な部分を鍛えて行きたいと思います。今回、それが多少なりとも出来るようになったのはガッツリ練習で解りやすく理論的に、そして、実践的にコーチングして頂いている成果だと思います。

P6070460

今後は、自主練習でもスタート練習を更に強化し、どんな状態からでも決めたポイントからスタートできる練習を極めたいと思います。

P6070463

練習後は、五反田の目黒川魚金にて久々に食事会!

P6070465

8時過ぎから11時過ぎまで、飲んで食べて楽しい会話が出来ました。

P6070466

日が経つのが速いですが、今の環境を大切にしコツコツ目標に向けてやるしかないですね。

皆さん! 宜しく~(^_^)/

◆ 週末はガッツリ練習にTBCレース ◆

7日(土)は、先週に続いて第10回ガッツリ練習会!

生憎の雨模様になりそうですが、風は5~7m/s くらい吹きそうですので良い練習が出来ると思いR4182901_3ます。

先週は、私の怪我のトラブルで練習後のミーティングが出来ませんでしたが、今回は気をつけて行いたいと思います。

練習後の夜は、久々に五反田の目黒川魚金にてチーム皆と食事会を予定しています。

[E:restaurant]

日曜日はTBCレース第4戦があり、今回は3人で参加する予定です。

20140323_2

風の予報は弱くなり軽風なりそうそうですが、微軽風時に集中したセーリングやロールタックなどこれまでの練習を実践として鍛えたいと思います。

[E:yacht][E:dash]

◆ 6/7よりスバルザカップエントリー受付 ◆

第6回スバルザカップ

Croppedsubaruza62

いよいよ、6月7日(土)9時からエントリー受付開始で、今年も、昨年から採用されたインターネットによる受付となります。

※ エントリーサンプル

一昨年までは、FAX送信による申込みで中々受信されないためリダイヤルを行い、何十分もFAX送信していた方もいると思いますが、ネット申込みではそのようなことは無くなったようです。

しかし、昨年から採用されたネット受付でも約40分くらいで満員御礼になってしまったようですので、ネットでのエントリー入力が完了するまでハラハラ・ドキドキです!

エントリーが受理されると、申込み番号が表示されるようですので、その番号が100番以内ならOKでしょうね! 100番を超えても繰り上げが有る場合もあるので諦めない方がいいかもです。

スバルザカップでは本番レースに参加する前に、エントリー受付レースを勝ち抜かなければなりません。 

さて、第6回目を迎える今年のエントリーレースには、どんな風が吹くでしょう~?

[E:yacht]

イーグルⅠ世は、これまで全レースにエントリーしクラスCにて、

第1回、2回と連覇!

第3回は同型艇のSPRAY艇に敗れ、

第4回はリベンジの予定でしたが強風で中止になり、

第5回に持ち越されましたが微軽風の先が読めないレース展開の中、僅差で3度目の優勝を果たすことができました。

[E:scissors]

スバルザカップは毎回ドラマがあり、レースもパーティーも楽しいので今年も参加しようかと思いましたが、一旦卒業し、今年のイーグルⅠ世はエントリーを見送ることにしました。

イーグルⅠ世では参加しませんが、クルーとして他艇では参加する予定です。

宜しく~ ( ^^) _U~~

エントリー受付

◆世界一周レースの映画 ターニングタイド◆

月曜日に、急遽、映画鑑賞をするため新宿へ行って来ました。

単独無寄港で世界一周を目指す、最も過酷で権威ある4年に一度のヨットレース ‘‘ ヴァンデ・グローブ

そのレースに参加した、スキッパーの感動的な叙事詩として、 製作された映画がターニング・タイドである!

5月31日~6月13日まで、新宿シネマカリテで上映されているが、一日1回のみの上映!

しかも、その上映時間もバラバラで日中が多く、6/4日以降、仕事帰りに観に行くには6/11日(水)の18時30分しかない感じです。 

あとは、日中お仕事の方は、ちょっと時間を調整して観るしかないかもね~

この日は、映画鑑賞後に海洋冒険家・白石康次郎氏と、ホラー映画リング/貞子の生みの親である鈴木光司氏とのトークショーのイベントがあった。

鈴木氏は小説家以外に自らヨットを所有するヨットマンでもあり、白石氏とは20年近い付き合いがあるとのこと・・・

P6030445

白石氏は、ヨットで世界一周を3回行っているようですが、次回の、‘‘ ヴァンデ・グローブ ” には新艇で参加したいとこと・・・

しかし、新艇の価格は3.2億円! 

レース準備には、新艇の製作に10ヶ月、事前に参加するレースなどを含めると2年半掛かるようで、チームスタップは約20人、その他の経費も含めると総額6億円は掛かるらしい!

スポンサー探しが重要のようです。

ユニクロやソフトバンク・・・ ついたら新艇いけるかも!

急成長のストーンマーケットがマリン事業として、ウェイクボードをバックアップしているようですから、ヨットも如何ですかね~

Photo

映画の内容は、フランソワ・クリュゼが主演するヤンがレース途中船の修理のためにカナリア諸島沖に停泊した後16歳のモーリタニア人少年マノがヨットに乗り込んでいたことに気づく

"単独"がルールのためこのまま少年を乗せてレースを続けると失格になってしまう

海の真ん中で少年を降ろすわけにもいかずヤンは少年を隠したままレースを続けることにするのだが・・・。(公式HPより抜粋)

と、2人がどうなるかは映画をご覧いただきたいが、60ftのビックボートを1人で操船している臨場感が映像から伝わりシビレました。 

余談ですが、フランソワ・クリュゼってダスティン・ホフマンに似てると思いませんか・・・

Img_cast01_l

数少ないヨット関係の映画ですので、是非、観て下さいね~(^O^)/

映画館の収容人数が100席足らずですので、一日1回の上映時間帯によっては満席になり、入場できない可能性があるようです。

Top_1355920011

行くと決めたその日は、早めに座席チケットを購入するのが良いかもです。

該当の記事は見つかりませんでした。