◆週末は若洲のディンギーレース参加◆

4月の末からDHYRで始まり、関東ミドル、TBCレース、TYCレースと毎週レースが続いたが今週末は、若洲でディンギーレースに参加予定!

先週、TYCレース第3戦として第37回東京港レガッタが開催されたが、そのディンギークラスとOPクラスのレースが開催される。

帆走指示書 (以下、帆走指示書より抜粋)

 8:00 艇搬入・受付

 9:00 開会式・スキッパーズミーティング(艇長会議)

10:15 ディンギークラス 第1レーススタート予告信号(F旗掲揚)

10:20 OPクラス 第1レーススタート予告信号(OP旗掲揚)

15:30 閉会式(予定)

大会は、4レースを予定する。

Fflag_2

← ちなみに、ディンギークラス旗

   のF旗はこちらです。

[E:yacht]

大会会場は、若洲海浜公園ヨット訓練所(ヨットスクール)でレース海面は若洲沖になる。

Photo_2

若洲海浜公園ヨット訓練所は、私が2000年5月からヨットを習い始めた所でもあり、最近ご無沙汰しているが、習い始めた頃は年に20回くらい行きトータルでも100回近く通っているかな・・・

Photo_3

若洲のヨットスクールでは、経験者によるレーシングコースが毎月1回行われていて年間表彰も行われている。

5月のレーシングコースを受講すると、東京港レガッタ大会へ面倒な手続きなしに自動的に参加できる。大会の成績以外にレーシングコースに参加した生徒同士の成績も集計される。

東京港レガッタへの参加者は、高校生、大学生、社会人様々で、OPは、小学生、中学生が参加している。

若洲のスクールは、7,000円/1人(受講費、艇レンタル費、保険等含む)で、参加できレーシングコース受講費も一緒です。

レンタル艇は、スナイプ(約20艇)、420及びレーザー各2~3艇などがあります。

ディンギーはクルーザーより繊細で反応が敏感ですから、たまに乗るとその繊細な感覚がクルザーに応用できる感じがします。 

イーグルⅠ世は23ftの小型艇ですからディンギーの感覚は良い勉強になります。

今回、イーグルⅠ世から2艇参加(私&ちーちゃん、島ちゃんの3名)で、島ちゃんはイントラと乗船予定、他に、CAVOKチームから3艇(6名)参加予定です。

スナイプのレンタル艇は、修理する艇がでたので約18艇になったようですが、24日現在の申込状況は、スクール関係9艇、イーグル他関係が5艇、合計14艇です。

まだ若干参加申込は出来そうです。

一緒に乗船する方がいない場合は、スクールのインストラクターが一緒に乗船してレースに参加出来ます。

皆さんも、たまにはディンギーに乗ってレースを楽しんでみませんか?

今週も微軽風になりそうですが、より一層繊細なレースを楽しめるかもしれませんよ?

レース後は、スクールの生徒さんと月島のもんじゃ焼き(ま乃)にて親睦会を予定しており参加者は約30人くらいになりそうです。 

親睦を深める余興として新品中古品に限らず千円相当の品々を持ち寄ってプレゼント交換会をする予定でいますので参加予定の皆さんスペシャルなプレゼンとをご用意くださいね!

[E:yacht]

レーシングコース参加の問い合わせ先

若洲海浜公園ヨット訓練所

電話 03-5569-6703

Photo

 

◆ 祝・Zephyros艇 第3戦 優勝!◆

5月20日(日)に開催されたTYC第3戦東京港レガッタにて、Zephyros艇がレースクラスCにて優勝しました。

R4184949_6

おめでとうございます。

アウター側からのスタートでタックを反し風向180度から約150度にシフトした風の中、スターボー艇の前をポートで快走!

Zephyros艇オンボードカメラ映像

当艇もスタートライン中央からアウター寄りでスタートし、タックを反してZephyros艇と並走・・・

1上マークの3分の2くらいまで、艇速と上り角度は、ほぼZephyros艇と互角でしたが、その後当艇のブロー帯の風が弱くなり失速・・・

しかし、Zephyros艇の帆走していた上側の風域は安定したアップウインドを掴み上マークへ最短コースで回航!

上マークへタックを反しスターボーになるも、風向が更に東へシフトし上マークへのアプローチが最悪な状態に・・

他艇には多少先行できていたと思っていたら、ポートでガンガン切り上がってこられ一気に逆転され数艇にマーク回航をされてしまった。

しかも、マーク回航後スピンシードの艤装トラブルでスピンが直ぐに上がらずタイムロス・・・

気を取り直してダウンレグを帆走し先行する艇に離されないようトリムに集中しましたが、Zephyros艇は絶好調で差を詰めることはできなく逆に差を広げられました。

[E:yacht] [E:dash]

Zephyros艇は各マークをオールトップで回航し1時間16分台のダントツでフィニッシュ!

レースクラスCの2位以下のフィニッシュ時間は混戦で、1時間20分台から24分台までの約4分差に5艇がフィニッシュ!

当艇は1時間24分台の着順6位でしたが、何とか修正2位になれました。

TYC第3戦ザルト    2001年から始めたレースが150戦超えました!

[E:yacht] 

R4184871

やっさん、島ちゃん、ちーちゃんお疲れ様でした。

R4184944_1_2

1上マークまでのコース取りが悔やまれますが、その経験は今後に生かすとして・・・

Zephyros艇は素晴らしい走りでした。

クルージングクラスでは、尾長鮫艇が優勝! 上位3艇がY31EX軍団でした。 

レースクラスBは隼スピリットⅡ

レースクラスAはレティシア・ドゥ

レースクラスAとBはともに開幕3連勝で絶好調のようです。

R4184867

昨年、シーズンオフの11月下旬に、スバルザカップ2011の抽選で当った伊藝プロのセーリングクリニックを体験したことを切っ掛けに、チーム内のレースに対するヤル気度が向上し、更にセールチェックをノースセールの中村匠氏に依頼するなど、オーナーを始めチームの皆さんが一丸となって、てっぺんを目指して練習してきた成果が実った感じです。

レース後は、新木場駅の「どさん娘」にてラーメンを食べずに焼酎ボトルキープで反省会! 

毎回、熱いレース談議が交されいるようです。

JSAF外洋東京湾と浦安ヨットクラブが共同主催する東京ベイカップヨットレース(通称:TBCレース)に毎回参加されてたことも良い練習になったようですね! 当艇もこちらのレースにはお世話になっていますが1日に4レグのコースで2レース行われかなり良い練習になります。エントリー費も格安ですのでお勧めですね [E:good]

第3戦のレース前日の土曜日も朝早くから練習を行なっていました。

昼頃に風が20ノットオーバーになってうねりが出て波が悪くなってアウト・・・ 当艇も昼前に練習しようと2人で艇を出しましたが、波が悪くて途中から一緒に引き返してきました。

P5190006

優勝したチームの皆さんの笑顔が最高でした。

R4184960

クルーのまっちゃんがプロデュースしたお店(沖縄屋台バルすいてん)が五反田にて22日にオープン予定ですが、この日、まっちゃんに優勝したらお店開ける?? と聞いたら・・・

もちろん開けますよ! っていたことが、現実になってしまい急遽夕方から開いて祝勝会を開催!

R4184952

十数人が集まりめちゃめちゃ盛り上がりました。

祝勝会打ち上げ写真集

R4184983_1

優勝カップでの一揆飲み

R4184993_2

この日の食事代は、オーナーの山人さんが全てお支払いされたようで御馳走様でした。

今後、益々活躍が期待されるチームですね!

イーグルも頑張らなくては・・・

まっちゃん

オープン前の開店お疲れ様でした。

R4185045

R4184989

目黒川に面した池上線のガード下にあるいい感じのお店です。

(サイゼリアの裏側)

東京スカイツリーと一緒の5月22日オープンですので五反田に寄った際は宜しく~[E:scissors]

R4184950

R4185047_2

R4184954_3


◆ DHYR義船艇の楽しい動画! ◆

4月29日に開催された東京湾スバルザ・ダブルハンドヨットレースに参加した義船艇のレース模様の編集映像がFacebookにアップされていましたのでリンクさせて頂きました。

写真や映像にテロップをいれて、超~楽しい[E:happy01]映像になっていますので是非ご覧ください。

短い映像時間に楽しさ満載!

映像編集した方のセンスがいいですね~

◆ 関東ミドル2日目、3日目・・ ◆

関東ミドルボート選手権は、5月3日の初日が天候不良により中止となったが、2日目、3日目位は開催された。

R4184150_3

前日からの予報によると2日目はド強風の予報と、微風の予報があり、どちらが本当か当日まで悩みました。

この日は前日の雨模様から五月晴れの良い天気!

R4184489_5

シーボニアのポンツーンについて思ったことは、海が綺麗~ 

係留しているポンツーンは水深6mあるらしいですが底まで透きとおって観えてました。

R4184495
 

夢マリでは観れない海水の透明度ですね~

8時18分シーボニアをドックアウトし江の島方面にしばらく機走し9時過ぎにレース海面に到着!

海上には東京湾で見慣れない相模湾の有名なヨットがあちらこちらに・・・

この時の風は5~8ノットの軽風・・・  ド強風の予報は??

って感じでしたが、内心ホットしている自分がいましたね~

2日目(5/4)はインショアレース3本を予定しており、1本目は予定時刻にスタート!

しかし、皆さん気合いバリバリで見事なゼネリコ!

R4184256

再スタートはⅠ旗掲揚で慎重なスタートになりましたが、CAVOK艇は上側の本部艇ギリギリで遅れぎみのスタート。早目にタックしポートにて右海面をとりましたがうねりのある海面に苦しみながら帆走・・・

同型艇に対しては、微妙なリードを保ち1上と1下を回航!

R4184296

ダウンレグでは多少順位を上げ同型艇をリードしたまま上りのレグに入りましたが、微風の為3レグにコース短縮!

最終となる3レグ目のクローズでは同型艇を圧されながら中央から右海面をキープしていましたが、3番手で廻航した同型艇が左海面へコースを引・・?と思っていたら最終的には左からのアップウインドのブローが入り逆転されてしまいました。 

Bグループ15艇中着順12位、修正も12位。同型艇では3艇中2位・・
約1時間40分のしょっぱい1レース目になってしまいました。

その後、直ぐ2本目のスタートがありましたが風が弱く即中止!

そして、しばらく風待ち状態・・

待った甲斐あって微軽風から南西6~8m/sの順風が吹いてレース再開!

風が上がってからのスタートは痺れましたね~

R4184326

全艇がギリギリの間隔でアプローチしてきて緊張しました・・・

ライン真中より少し上側でジャストスタートできましたが、相模湾のうねりのある海面に上手く乗りきれずライバルの同型艇にも遅れを取り結果は着順11位、修正12位。

R4184336_2

予定していた3レース目は時間が押したため中止となりました。

ホテルへ戻って温泉に浸かり、夕方から三浦海岸駅前の居酒屋で反省会兼新人トリマー小郷君の25歳誕生パーティ!

R4184400_2

焼酎ボトル2本を空け、部屋飲みでも大盛り上がり・・・

R4184414_2

若手は、その後深夜2時くらいまでカラオケ3次会突入! 弾けてましたね~

R4184458_2

3日目(5/5)はショートディスタンスレース1本

この日も、風は微軽風・・・ セッティング調整!

R4184505_2

コースは、シーボニア沖から南西ブイ⇒ 佐島沖マーク ⇒ シーボニア沖

微風でしたが、いい感じのスタートができタックでポートに反しブイまでは男の一本道!

R4184551

初めはライバル艇に先行していましたが何故か艇速が伸びず失速気味??

結局、追い越されそのままズルズル・・ 強い向かい潮の影響もありブイまでは上りきれずワンタック反して最終グループにて廻航。

ダウンレグではスピンとジェネカーのどちらを使用するか悩んだが風が弱くスピンでは落としきれないのでジェネカーを選択し上り気味で帆走!

R4184599_3

初めは手間取ってしばらく失速気味だったがトリムが良くなり数艇抜いて順位を少し上げた。

途中風も上ってきて、佐島沖のマークへのアプローチ角度の状況からジェネカーからスピンへの交換にチャレンジ。初めての経験でサクサク行かなくて失速しましたが後半は持ち直して何とか佐島沖マークを廻航し、クローズ帆走。

ブローが多い岸よりのコースを選択し数艇抜いてフィニッシュ!

結局、着順10位、修正9位。

成績はしょっぱい結果でしたが、若手が多いCAVOKチームはこの経験をバネに更に進化すると思います。

R4184682

R4184670_6
レース表彰式後の、帰宅をどうするか悩みましたが駅まで大渋滞だったようですのでシーボニアから三崎口まで歩きました。ワイルドだぜ~

約50分で駅まで着きましたが、同じ頃シーボニア前を出発した路線バスとほぼ同じでした。

翌日はオーナー抜きの若手3人による回航で、午前中から吹きあがったようですが無事回航できたようでした。

荷物をオーナーに車で運んでもらいましたので引き取りをするのと併せて浦安に回航チームを迎えに行きました。 

上架した際、スクリューに釣り糸が絡んでいたようでペラが閉じない状態だったようです。

回航時にトラブルにならなくて良かったですが、最終日のレースで艇速伸びず失速気味でしたが、スタートエリアに釣り船がいたので、スタートラインを機走で流している際にペラに釣り糸が絡んだ可能性があるかもしれません・・

CAVOKチームの皆さま、レース期間中、色々お世話になりました。

ありがとうございました。

◆ 関東ミドル初参加・・・ 1日目 ◆

大型連休の後半は、CAVOK艇にて関東ミドルボート選手権へ参加して来た。

3日の早朝6時台に三崎口行きの京急に乗車し、駅で合流したCAVOKチームとシーボニアへ向い8時頃到着。

前日の深夜から大雨と強風が吹いていたが、明方は多少雨風は治まった。

しかし、海上はかなりガスっていて見通しが悪く雨も強くなったり弱くなったり・・・

早めにドックアウトする予定だったがレース実行委員会から10時まで待機との知らせがあり、シーボニアのクラブハウス近くで待機していたが・・・ 

結局10時にレース中止の決定!

レースが中止になると何をしようか時間を持て余したが、油壷から大会に参加しているチームの方々が油壷のクラブハウスにて親睦パーティを行うようで、お誘いを受けたので参加させて頂くことになった。

14時から親睦会が始まり、6~70人くらい集まっていたかな・・・

グランブルー艇オーナーの挨拶で始まりましたが、親睦会を始める前に、この度、沖縄ー東海レース中に落水事故で亡くなられた方を追悼して1分間の黙祷が捧げられました。

とても残念な悲しい結果になりましたが心よりご冥福をお祈りいたします。

親睦会が始まると、次々に料理が運ばれましたが、さすが、油壷! 

マリーナのクラブハウスとは思えないほど美味しい料理が並びました。

グランブルー艇オーナーが代表を務める山梨のルミエールワイナリーで造られたワインが振る舞われましたが、美味しくて結構飲んじゃいました。

2時間くらいパーティを楽しみ、その後、予約したマホロバ・マインズ三浦ホテルへ

夕方から温泉に浸かり極楽気分・・・

それから部屋飲みし、翌日は強風予報とのことでウエイト増量などと変なこじつけで夜中にラーメンを食べに出かけましたね~

しかし、翌日の朝・・風は弱かった~ 朝日は綺麗でした。

P5050041_2

でも、午後から吹いたけどね・・

P5040005

2日目、3日目のレースレポートへ続く・・・

P5040016

該当の記事は見つかりませんでした。