◆大型連休スタート! レース三昧!◆

28日の土曜日から大型連休が始まりますね~

まずは、今年第1回目の開催となる東京湾ダブルハンドヨットレースに参加!

レースは29日(日)だが、前日の28日(土)は17時から艇長会議が浦安のサンルートプラザ東京 9F スカイホール「カーニバル」行われ、その後18時からは同ホテルの2F大ホール「マグノリアホール」にてウエルカムパーティが開催される。

今までヨットレースのウエルカムパーティというと服装はカジュアルなイメージが多いが、今回はドレスコード指定があり、男性はタキシード若しくはスーツでネクタイ着用、女性はセミフォーマルとなっている。

TYCのクリスマスパーティではドレスコード指定があったりするがヨットレースのウエルカムパーティでは初めてのような気がする。

今回の大会にはジュエリーブランドで有名な企業が協賛しているようだ。

パーティ参加者への記念品や、優勝カップにはそのブランドの品々が授与されるようである。

現時点の予報では土日とも天気は良いようだが、肝心の風は微軽風のようだ。

土曜日は昼から2時間程軽く練習をする予定! 

微軽風時に対するクローズ帆走のジェノアとメインのセールトリムを中心に練習を行いたいと思います。

コース短縮になる可能性が高ければ、南風に対するクローズ勝負になるので如何に0.1ノットを速くするか・・・  セールトリムに対する艇速の良し悪しをチェックしたいです。

そしてブローやパフを見つける感覚も大事かな・・

[E:yacht]

5月3日、4日、5日は関東ミドルボート選手権に参加!

CAVOK艇に乗船させて頂くが、後半の連休は曇りの予報で4日はかなり風が吹く予報になっているようだ!

先日、大井町にて艇長会議があり、白さん、栗ちゃんと私の3人で参加・・・

R4183849_2

レースコースについて運営側と参加者側の討論があったがIRCレーティングに公平な偶数レグとして4レグ又は6レグとなった。

R4183855

[E:yacht]

レベルの高いレースになると思いますがチームの皆さんにご迷惑をかけないよう頑張りたいと思います。

CAVOK艇はBグループに参加しますが参加艇は15艇!

目標順位は、目指せ真ん中とのこと・・・です!

レース期間中の宿泊ですが、GW期間中につき、シーボニア周辺の宿はどこも満杯でしかも一年で一番高い部屋代の季節になっています。

そこで、シーボニアからはクルマで20分くらいのところにあるマホロバマインズ三浦に白岩オーナーが部屋をキープしてくれました。

http://www.maholova-minds.com/guestroom/main.html

移動は毎日クルマ2台で行います。(白岩、栗原)

部屋はリゾートマンションタイプの大きな部屋(2室+リビング)に定員6名ですが、寝具を追加してMAX10名くらいは泊まれるスペースです。

ちなみにお風呂は天然温泉です!

こちらの宿に3日と4日の2日間お世話になる予定です。

◆ 29日(日)の風は微軽風・・・? ◆

一週間予報による29日(日)の予報がコロコロ変わっています。

前回の予報と比べると、現在の予報の方が風は弱くなっていますね~

南風で1~6ノット・・・

帆走指示書によると、スタートが9時で、タイムリミットが15時! 

レース時間は6時間あるが回航マークまでの約8マイルを2ノット平均で約4時間

往復約16マイルを2ノット平均だと8時間! これじゃ~タイムリミットオーバーなので、風が弱ければ短縮かもね~?

南風のクローズで終わる可能性もあるが・・・?

やっぱ! スピンネーカー使いたいな~

当日の潮は月齢が7の半月で小潮

満潮8時44分(27cm)、干潮16時22分(-53cm)の高低差は80cm

レース中は引潮! 潮の影響は弱い月齢だが・・・

スタートラインから回航マークまでの往路は追い潮になるが、復路は向い潮になるので微軽風だとちょっとしんどいね~

大型艇も微風だと辛いだろうね~(@_@;)

◆ 29日(日)は東京湾ダブルハンド ◆

今週末からGWが始まるが29日(日)は東京湾ダブルハンドレースが開催される。

23日現在、一週間先の予報では、レース当日が曇りとなっており、風は9時頃が南西5ノットで12時~15時が南南西7~10ノットになっている。

このままの予報だと、微軽風レース??

海ほたる寄りは、もう少し風が上がっているかもしれないが・・・

微軽風だと、かなり神経戦になりそうだね!

ちょっとしたブロー帯やアップウインドを掴むかどうか? 

まぁ~ こればかりは考えてもしょうがないね・・・ 

風まかせだし・・  [E:yacht] [E:dash] [E:typhoon]

22日の日曜日に初めて参加する相方のカズさんと2人だけでダブルハンドの練習を行った。

スピンの上げ下ろしを中心に、スタートがダウンウインドの場合のシュミレーション・・

この日も2~8ノットの風だったので微軽風の練習にはなったと思う。

風の予報はまだ先のことなので、このままの予報だとは思わないが微軽風より10ノット以上の順風が吹いてくれるといいね!

そういえば、昨日DHYR実行委員会からオリンピック誘致のシールとレース前日に開催される艇長会議とウエルカムパ―ティの案内が届いていた。

Photo

ウエルカムパーティーとしては、今までにない企画がいろいろあるようだ。

Photo_2

ドレスコードを設けたり、泣く子も黙るブランドのマグカップ引き換え券など・・

Photo_3

参加艇は募集上限の80艇までに至らなかったが70艇は超えたようである。

[E:good]

GWの前半は東京湾ダブルハンドレースに参加をするが、後半の5月3~5日はCAVOK艇が参加する関東ミドルボート選手権に参加させて頂くことになった。

29艇のエントリーがあったがAグループとBグループに分かれCAVOK艇はBグループ!

同型艇が他に2艇参加しており、レーティングは

CAVOKC   1.029

Char Chanⅴ 1.028

ADONIS    1.025

となっていて3艇中CAVOK艇が一番厳しいようだ・・・(@_@;)

5月3日(木)インショア2レース
          10:25第1レース予告信号
5月4日(金)インショア3レース
         09:55第1レース予告信号
5月5日(土)ショートディスタンス
         08:55予告信号

今年のGWはヨット三昧になりそうです。[E:scissors]

◆ 軽風のTYC第2戦 ◆

4月15日(日)にTYC第2戦が開催された。

先月と同じような軽風コンディションのレースとなり、潮の影響はなかったがブローと風の振れが所々にあり、明暗を分けた感じである。

当日の予報は、東から南に振れる風2~4m/sで、潮は午前中が上潮。

スタート5分前に風向を再度確認すると、多少本部船有利に思い、風が右振れする予報も考慮し本部船からスタート!

19

スタートの連続写真

思い通りに第一線でスタートを切ることが出来たが、思うようにスピードに乗らない・・・

アウター寄りからスタートした艇がタックを返し、右海面に伸ばそうとしていた。

風は、右振れ予報とは裏腹に左に振れたようで、いち早く振れを感じたアウター寄りの艇が反応したようだった。

当艇も、その振れを感じたので即タック!

幸いシフトしたブロー帯に上手くかみ合い先行艇との差もなく帆走・・・ 

しかし、スタートライン中程からスタートしたTwilightがタックをせず左海面に伸ばす。

その作戦がスバリ的中! 岸寄りのブロー帯はアップウインドで一気に上り角度とスピードがつき、ダントツで1上マークを回航していった。

続いてZephyrosが回航したが、この時点で当艇との差が約1分以上あり、Twilightとは2分以上あったような気がした。

4_2

ダウンレグで先行艇との差は開かなかったが、次のクローズでレースコース中寄りを走り、クルーとのコミュニケーションも良くいい走りをしたと思ったが、レースコースの右側大外をとった先行艇が、更に良い風を掴み艇速を上げていた。

48

後半風速が弱まり、風の振れがあったのでタックを何度か繰り返したが、そこでロスタイムが出てしまった。 気を取り直して最後のダウンレグとクローズを集中して走り何とかフィニッシュ!

着順4位で修正2位!  3位との修正差は約17秒・・・

わずかなミスでも逆転されるタイム差である。 第2戦リザルト

結果的には、先月に続いてTwilightが2連勝![E:shine]

おめでとうございます!

26

後でTwilight艇のオーナーに聞いた話であるが、スタート後にタックして右に反した艇が多かったが、岸寄りにブロー帯が見えたのでそれを掴みに行き上手くいったと言っていた。

さすが! 目の付けどころが違いますね・・・ 

その状況判断が良い走りにつながっているんですね!

[E:good]

このところ強風より微風、軽風のレースが多いが、このような風はちょっとした判断ミスやブロー帯をつかみ損ねると、ズルズル先行艇と差が開いてしまう。

その明暗が微妙なところでもある。 

まあ~ そんな悩むレースも面白いですが・・ 疲れる~(@_@;)

今月末はダブルハンドレースがあるが、楽しむことが肝心だね!

楽しくレースが出来れば、どんな結果でもそれは自分にとって最高 (^O^)/

◆SPRAYチーム関西選手権 優勝!◆

4月8日(日)に第24回ミニトン関西選手権が行われ、SPRAYチームが2010年に続いて2度目の優勝を達成しました。 おめでとうございます。

Photo

2010年は自艇(Y23Ⅱ)を琵琶湖まで陸送して優勝できましたが、今回は地元のY23Ⅱ艇をレンタルしての総合優勝です。

2012レースリザルト  2011レースリザルト  2010レースリザルト

完全アウェーのミニトン関西選手権に、レンタル艇で勝てたことはチーム力が非常に優れているのだと思います。

(写真は横浜沖でのSPRAY艇)

Photo_2

今年に入ってからクラブレースやボートショー記念レースなど、参加したレースを全て優勝してきた実力が発揮されたようですが、レンタル艇を使用してのハンディーを克服しての優勝は凄いの一言です。

レンタル艇のチューニングは、本吉プロが大会前の金曜日に現地入りして行い、他のクルーは土曜日の朝6時台の新幹線に乗り現地入りしたようです。

現地入りする前に、フォアステーがハンクス仕様だったことを黒川オーナーが連絡を受け、急遽、自艇のフォアステーからカーボフォイルを外して新幹線で運んだようです。

セールやシート類・ブロックなど付け替えできるものは全て自艇から外してレンタル艇に艤装したようですがその努力も凄いです。

黒川氏のコメント:下の写真はダウンウインドで右側白ハルがSPRAYチームのチャーター艇で、左側の後に居る艇は青ハルのCREEKV。 この艇はカーボンハルでミニトン全日本タイトルを複数回優勝しているチームです。この艇に着順で勝てた事もさることながら、第1レースはリコール後1分以上のロスを1レグ目で集団に追付き、同型Y23を全艇抜いた事は、セイルの性能差が大きいと思います。

P10303231

これから、東京湾ではビックタイトルのレースが次々に開催されますが、SPRAY艇がどこまで勝ち続けるか、目が離せないですね!

本当にお疲れさまでした。そして、おめでとうございます!

ちなみに今年のミニトン全日本選手権は9月に鹿児島にて開催されるようです。

全日本もレンタル艇で参加しちゃうんですかね~

イーグルも誘われましたが、当艇はもっとチーム力をつけないと駄目だと思っています。

やはり、出来るだけ同じ人数のクルーが常に練習とレースに参加できないとチーム力は生まれないと思いますから、その辺が難しいところですね!

該当の記事は見つかりませんでした。