◆ 有楽町のガード下で・・・♪ ◆

ここは有楽町のガード下・・・ [E:eye]

R4174959

裏路地にも、哀愁が漂う雰囲気のお店が・・・[E:think]

R4174961月曜日に、関西から出張で上京したY31オーナーの岡〇氏を含めたヨット仲間4人でアクアなお店で会食 [E:restaurant]

R4174965

[E:yacht]

R4174968

気が合う仲間との時間は、早い・・・

R4174970

あっという間に3時間が過ぎた・・

最近は、コース料理と飲み放題がついて5,000円以内のお店が増えているがサラリーマンには嬉しい限りです。

◆ 河口湖で骨休め ◆

先日の保田レースは結構ハードなレースでしたが、更に今週から毎週レースが続きます。

28日はTBCレースでしたが、イーグルクルーの仕事上の都合もあり不参加にしました。

私は、27日の土曜日から河口湖に!

会社でホテルレジーナ河口湖の1部屋を所有しているが、その部屋のメンテで来た。

R4174818

[E:house]

R4174821

河口湖に来た際は、富士山の麓にある、「ゆらり」と言う温泉へ行っている。[E:spa]

温泉では、50分間のあかすりマッサージを受け極楽気分!

R4174879

「ゆらり」がある近くに駅の道「なるさわ」があるが、この時期は、地元の農家がなるさわ収穫祭をおこなっており、

R4174876

朝採れの、とうもろこしを無料試食を行っていた。

R4174871

[E:good]

R4174837

甘くて最高でした。

[E:bud]

R4174870

[E:good]

R4174842

もちろん「買いました」!

R4174852

R4174861

他にも色々と・・・

R4174855

土曜日のお天気は曇りでしたが残念ながら日曜日の朝も曇りでした。

R4174891

天気が良ければ部屋のベランダの目の前に雄大な富士山が観えているのに・・・

↓ 以前写した写真です。

Photo

[E:fuji] 綺麗でしょ!

◆ 東京湾ヨットレース 宴会・レース編 ◆

20日土曜日の夕方から保田のばんやでは約200人ものレース参加者で保田ミーティングが行われた。

R4174605

保田レース2011関連写真集

艇長会議が16時半からで、その受付は16時から!

その後の宴会用の座席を確保するため早めに受付を済ませ、今年もCAVOKチームと一緒のテーブルを確保。

R4174589

予定通り16時半から艇長会議が始まる。

今年のコミッティ艇はForteとボーンフリーハート!

R4174600

ボーンフリーの平生氏から帆走指示書と注意事項の説明!

P8200043

そして、17時から保田ミーティング(宴会)が始まる。

P8200045

東京夢の島マリーナから運営のお手伝いで参加したF島さんの乾杯でスタート!

R4174613_2

ビールに、お刺身、揚げ物・・ ここまでは毎年恒例の料理だったが、

R4174601

今年はクジラの煮込みや岩ノリ汁が振舞われた。

R4174603

クジラの煮込みと岩ノリ汁は最高でした。

R4174614

ばんやでの宴会をお開きにした後は、CAVOK艇で軽く2次会!

P8200055

翌日のレースに備えて、今年は早めに終えて風呂に入り就寝!

レース当日は4時に起床! 朝風呂に入り目を覚まして出航準備

P8210057深夜に雨が降ったようでしたが出航しようとした5時頃には上がっていました。

風は予報通り北~北東・・・  風速は3m/S前後

P8210069

スタートラインは東西に長くとり、スターボークローズでスタートできる状態!

本部船かアウターのどちら寄りで出るか悩んだが、沖合いの風をとりに行くことを考えアウター寄りからスタートを行う!

P8210063

本部船はかなり混み合っていたがアウター寄りは艇数も少なくフレッシュウインドを掴みまずますのスタート!

程良い風速だったので艇速も3~4ノットで快走!

P8210083

しかし、徐々に風速が強くなり海面にはうねりができて、4人には№1ジェノアではオーバーパワーとなりヒールが厳しくなってきた。

P8210088

なんとかセールトリムをしながら帆走し、対地艇速はスターボーで5ノット前後! ポート帆走だと5~6ノット近くまでアップ!

P8210099

昨年は南風が朝から吹いて平均6ノットのオールスピン帆走だったが、今年は終始北風のためオールクローズ帆走!

P8210132

それも、ド強風あり、土砂降りの雨あり・・ 結構サバイバルでした。

P8210131

第一海堡を通過した時間は10時10分くらい

P8210110

そして、コース短縮となった海ほたる手前でのフィニッシュは12時51分台

P8210136_2

風は強かったが10時過ぎからは引き潮の影響で対地艇速が思ったより伸びなかった。 

自分としては強風に対するセールトリムが今一つだったような感じもした。

やはり、練習不足かな・・・

海ほたるからの機走で帰港する際、雨が激しくなりかなりずぶ濡れ状態・・・

R4174633

夏でも北風の雨に濡れると寒いね~

成績は着順5位で修正で2位!

3位とは修正5秒の僅差でした・・・

R4174652

入賞商品のブドウが粒が大きくて種もなく超~美味かったぁ~

なんて言う銘柄のぶどうなんでしょうね・・・

◆ 東京湾ヨットレース 回航編 ◆

TYC恒例の第7戦、東京湾ヨットレースが予定通り開催!

回航、保田ミーティング、レースの写真集

P8200013

その前日の土曜日は保田港まで回航!

R4174528_2

今年のイーグルチームは5人が回航に参加したが、その中のモリさんは回航と保田ミーティング(宴会)には参加するが仕事の都合でレースは不参加となる。

P8200034

夢の島を7時45分に出港する。 天候は予報通りくもりで北風3~5m、潮は8時半くらいまで上潮だったので、保田までは、ほぼ引き潮の時間帯で回航できた。

P8200018

北風だったので海面の波は穏やかで、引き潮の影響もあり艇速6~7ノットで快調に機走できた。

P8200028_2

風の塔を超えたあたりでスピンのみで帆走を行う。

艇速は5ノット台をキープ! 快適でした。

R4174524_3

途中、寿丸艇と

R4174546_2

STRAY DOG艇に追いつかれる!  

R4174561_4

2艇とも帆機走で快調に保田へ向かって行きました。

イーグルも保田港には13時頃に到着! 

約33マイルを5時間ちょとで回航! 順調な回航でした。

R4174568

今年は、TYCレース参加艇が34艇と、TYCとは別レースになるが横浜から参加した艇が9艇!

R4174577

保田港はヨットで盛況でした。

R4174578

保田についたら、まずは直ぐ近くのスーパーに行き翌日の朝・昼飯の買出!

R4174580  

TOKYO’s CUP2011でクラス優勝した翔竜艇へ優勝祝いとして美酒を進呈!

P8200037

そして、今年もばんや旅館の温泉がある方の部屋を4部屋予約できたので、イーグルチームが1部屋、CAVOKチーム2部屋、女性クルー用として1部屋に分ける。

R4174583

海水浴場するには天気が今一なので今年はしませんでした。

温泉にガッツリ浸かって極楽気分。

R4174582

そして、

R4174589

保田ミーティングへと続く・・・

◆ 保田レースの準備 ◆

今週末の20日、21日は、TYCレース恒例の東京湾ヨットレース(通称:保田レース)がある。

千葉の館山に近い保田港沖から浦安沖までの約30マイルのロングレース

土曜日に保田まで艇を回航し、日曜日の早朝6時スタートとなる。

レース前日の、夕方からは、地元のお食事処「ばんや」にて艇長会議を行い、その後、直ぐ保田ミーティングと称する親睦会&宴会が行われる。

地元で捕れた刺身の盛り合わせや料理が盛り沢山・・・ ボリュームが有り過ぎていつも残してしまいがちです。

昨年の保田レースのブログ記事

P8210052

(2010年の様子です。)

レースには、毎年30~40艇が参加している楽しいレースです。

保田の海は綺麗ですから海水浴が楽しめます。 昨年は回航が早くできたので海水浴を楽しみましたが今年も早くできれば海水浴が出来るかもです。

P8210042_2

(2010年の様子)

回航は土曜日の朝7時に集合して、準備が出来次第出港しようかと思っています。

土日の天候は、今のところ曇り時々雨で風向は北東から北!

風速は3~6m/sの予報になっています。

昨年は、天気も良く1日中南風でしたので、スタートからフィニッシュまでオールスピンランでしたが、今年は、予報通りの風向だと全コースクローズ帆走になるかもしれませんね?

[E:bearing]

16日がお盆休み最終日でしたが、もりさんと一緒に午前中セーリング!

4m前後の風で快適なセーリングを楽しめました。

Photo_3

午後から、ハルの黄ばみが気になったので、マリーナで売っていたヤマハ純正のFRP専用洗浄剤を使用して磨いたら黄ばみが綺麗に落ちました。

さすが、専用洗浄剤だけのことはあります。

[E:shine][E:yacht][E:shine]

その後、保田への回航準備のため燃料の補給や船外機のギヤボックのオイル交換を行ないました。 (参考:ギヤオイル交換方法)

Engine1

平成18年に行なわれた保田レースで風が弱く、第一海堡にてコース短縮がありその後機走で帰る際、エンジンのギヤから金属音がして10分くらい走るとその音は激しくなりスロットルを吹かすとペラの回転が悪くなったので機走で帰るのは断念しました。

前日の回航時からいつもと違う金属音がしていたので、変だなぁ~と思っていましたが、どうやらギヤのシフトロットのブーツが破けて、ギヤボックするに海水が入りギヤが焼付いた状態になったようでした。

近くを通りかかった夢の島マリーナのヨットの方に曳航してもらい何とかマリーナに帰港できた苦い経験があります。

その後、エンジンのギヤボックボックスは真っ赤に錆びついてしまい修理は出来ない状態でした。新品を買うには高価すぎるのでネットで同じエンジンの中古を探してみるとオークションでは5~8万円くらいで出品されており、その中から葉山でエンジンなどの修理をしている方が出品してる物がいい感じでしたのそれを交渉して8万円で購入することに!

中古と言っても使用頻度が少なくOH済でかなり程度の良い品物でした。 ちゃっかり壊れた古い船外機の下取り交渉をしたところ、初めは1万円と言われましたが葉山まで来る往復の高速代などを理由に粘って1.5万円で買い取りをしてもらいました。

ちょっと高い授業料になりましたが日頃のメンテナンスを怠ると高くつくという良い経験になりました。それからエンジンのメンテナンスは定期的に行うように心がけて、ギヤボッックスのオイルは保田レース前には交換するようにしています。

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good]

該当の記事は見つかりませんでした。