◆ 今週から7月だねぇ~ ◆

もうすぐ7月になるが、7月から毎月イベント的なヨットレースが続くことになる。

 7月17日(日) スバルザカップ

 8月 6日(土) Tokyo’s Cup

 8月20日(日) TYC第7戦、東京湾ヨットレース(通称:保田レース)

 9月17日(土)、18日(日) ミニトン関東選手権

 9月17日(土)~24日(水) Japan Cup

10月22日(土) 横浜ベイサイドOP

こちらのレース以外に、各クラブレースもあり毎週もしくは隔週でレースが行われる。

あっと言う間に3ヶ月が経ちそうだ。

[E:yacht]

今週で6月も終わり7月に入る。

歳をとると月日が経つのが早いが、あっという間の半年。

そして、あの大震災からも3ヶ月が過ぎたが、先日、被災地の友人と電話で話をした。

荒浜でサーフショップをしていた彼は、津波で店が流されその後何の保証もない中、現在、岩沼市の臨時職員としてガテン系の肉体労働者として働いているようだ。

彼が主催しているブログが久々に更新されており、今後の復旧復興に対するメッセージが記載されていた。 リアルサーフHP(BBS)

家を流された荒浜の友人は、仮設住宅にはまだ入れないようで、避難所に戻らずたまにネットカフェを転々としているらしい・・・

彼らの現実は、まだまだ厳しいようだ・・・

[E:think]

8月2日が母親の命日なので7月末に墓詣りのため塩釜に帰るが、友人たちと集まって国分町の知り合いの店で食事をすることにした。

また、一緒に一杯やれるのが何よりだ・・・

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good]

◆スバルザカップエントリー完了通知書◆

22日にスバルザカップエントリー完了通知書が届いた。

6月30日までにレース参加費の振込を行えばエントリーが確定となる。

R4173470_3

先着80艇の参加申込がわずか3時間ちょっとで満了になってしまい申込に間に合わなかった艇も沢山いると思うが、参加したいという気持ちの違いが明暗を分けたかもしれない。

6月26日はレースコースの説明会があり、7月13日に艇長会議。

そして17日がレースとなる。

もうレースまで1ヶ月もないのであっという間かもしれないが楽しみたいと思う。

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good]

◆ 勝負は99% 心理面が左右する ◆

18日に横浜ベイサイドで行われたピーター・ギルモア氏の講演会を聞いて、翌日の19日にTYCレースがあったが、その講演が役に立った感じがする。

レース結果としては、久し振りにレースクラスCにて優勝をすることができた。

TYC第4戦結果

ピーター氏の講演は3時間ほど有ったが、その半分の時間は心理面をどうコントロールするかについてだった。

R4173436_2

アリンギチームが実践したレース前の精神論であるが、チーム内でのコミュニケーションやプレッシャーの対処の仕方、世界で活躍する一流アスリートが実践してきた実例の解説があったが、どれもなるほどと言った感じであった。

勝負の勝ち負けに対して99%心理面が左右すると言う・・

[E:heart02]

実際のレースでは・・・

レースコンディションに対してどれだけレースプランがあるか

プレッシャーに対して、どう向き合うか

考え過ぎても良くないが、考えないのはもっと良くない

先を如何に読むか

など ・・・

気持ちにどれだけ余裕があるかないか、かな?

今、考えると慌ててやったレースの結果は、いまいちだったかも・・・

[E:yacht][E:dash]  

今回のレースは、クルーが忙しく先週から3人になってしまうことは解っていた。

天候は曇りで風は微風が予想され、3人でもセーリングは十分できるコンディション

P6190229

普段のレースでは、艇内の必要ないセールなどをポンツーンに降ろして行くのだが、万一の雨に備えて降ろさないで行った。

P6190224

クルーも少ないし、この日ばかりは完璧主義をあえて少しだけ・・・

まぁ・・・ いっか~ にしてみた。

勝ちに拘らないリラックスした空気を作り、物より心理面を軽減した。

最近のレースでは、船外機を外してキャビンに収納していたが、この日は外さずに行った。 外せばピッチングを軽減できるので良いのだが、ここでも3人しかいないクルーに外す際の煩わしさのプレッシャーを避け、スタートに集中できるようにと思った。

レース海面では、スタートラインを入念に走り、風の角度、海面のブローの有る無し、そして潮の流れなど・・・

3人しか居ないが、全員でレースプランを出し合いどうするかを考えた。

普段は、どうしても自分がレースプランを作ってしまいその作戦で行ってしまうが、この日は出来るだけ皆に考えてもらった。 自分で考えることによって更にその先のレース展開まで考えることにより、艇を動かす歯車でなく自らが考え行動しレースに集中出来る状態が作れたと思う。

レース中も、スキッパーやスピントリムなどその状況によって、上手くできるポジションを交代しあったが、これもクルーにとっては良い勉強だったと思う。

P6190250_2

良い結果が生むプラスの相乗効果

失敗やトラブルが連鎖する嫌な空気

良くも悪くも、全ては心理面を如何にコントロールするかで状況は変わることが実感できた気がした。

[E:coldsweats01]

P6190247_3

この日は風が弱く潮の流れが微妙にあったのでマーク回航に苦労した艇も多かったのでは・・

規則31 マークとの接触

規則44.1 ペナルティーの履行 

レース中に、第2章の規則に違反したかもしれない艇は2回転ペナルティーを履行することができ、規則31に違反したかもしれない艇は1回転ペナルティーを履行することができる。・・・

[E:yacht]

19日は、レースに参加したちーちゃんの誕生日だったので、クラス優勝のプレゼントができて良かったと思う。 [E:present] [E:birthday] 

R4173450

本人が一番の大喜びだったが・・[E:scissors]

R4173452

この日イーグルⅠ世はその記念日を察したのか絶妙な走りをしてくれた。

R4173453

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good]

◆ ピーター・ギルモア氏の講習会 ◆

横浜ベイサイドマリーナで行われた、ピーター・ギルモア氏の講演を聞いてきた。

R4173381_1

17時から始まり20時まで、タップリ3時間!

R4173447

会場は盛況で後ろまで用意された席は満席状態

R4173432_1_2

初めにマッチレースの世界の現状と仕組みの説明があり、

R4173436

そして、レース参加に対する精神論の講演があった。

R4173445_1_2

最後にマッチレースのテクニックの説明があり、3時間の講演であったが、あっという間の3時間に感じた。

今回の講演を、少しでもチームや今後のレース活動に役立てたいと思う。

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good]

◆ スバルザカップ申込80艇即日終了 ◆

15日の午前9時からスバルザカップの申込受付が開始された。

私も9時ジャストにFAXをしたつもりだったが話し中になっており5分、10分と時間が過ぎた。

リダイヤルを使い1~2分後毎にFAXを送信して10数回目くらいの23分が経過した時やっと受信された。

FAXのピークは開始から30分くらいだったようで、それ以降はそれなりに送れたようである。

申込受付から1時間後の10時には50艇を超えたようで12時過ぎには80艇に達した。

[E:faxto] ⇒ 80[E:yacht] [E:full] 

締切になった時間ギリギリに送信した方は、エントリーが出来たかどうか心配だと思うが、現在申込があった艇のエントリーリストを作成中であり、その結果は6月20日に発表される予定。

[E:yacht]

ヨットレースで参加80艇はかなり多い数であるが、その参加艇数を平日の朝9時の忙しい時間帯にも関わらず約3時間(180分)ちょっとのFAX受信で終了するとは、第1回目から第3回目と回を追うごとにこのレースがヨットマンにとって人気レースとして定着した気がする。

今年のレースは、東日本大震災のチャリティーとして行われるが、大会に参加する多くのヨットマンの気持ちが被災地に支援として届けばその意義も達成できるかと思う。

梅雨が明ければ、夏本番![E:sun]

レースが開催される17日は梅雨明け時期なので、真夏の太陽[E:sun]の下、最高の風[E:typhoon]でレースが出来れば言うことないね!

[E:good]

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ [E:upwardleft] 応援[E:good]クリック[E:thunder]励みになります!

[E:good]

該当の記事は見つかりませんでした。