◆ TYC第3戦 クラス優勝! ◆

6月3日(日)TYC第3戦東京港ヨットレガッタ!

レースクラスB 優勝!


34364094_1740907812691313_1358194368392986624_o.jpg


ダブルハンドでしたが久々に勝てました。


34306095_1740907982691296_5798202336316751872_o.jpg


TYCレース唯一の持ち回りクリスタルカップを授与されました ()/!


34344290_1740907912691303_6919220858208649216_o.jpg


スタート前、風は南東から南方向の微軽風で、本部船のバウが南西の羽田方面を向いていたので、潮の影響の方が強いと思いました。

この場合、スタートからスターボーで帆走すると左に流されると考えました。

そして風が弱い場合は、潮を横から受けるより正面から受けて高さをキープしている方が上マークに対しては有利な場合があり、スタートは本部船寄りから出て即タックし潮の影響を正面から受けて高さをキープする作戦を選択しました。

更に風が南の微軽風の場合、羽田方面の陸よりの方が陸風の影響でブローが入りやすい可能性があり、結果的にはその作戦が上手くはまり、風があるうちに上マークを回航することが出来ました。


コースは短縮となり、そのまま2レグでフィニッシュとなりました。


スタート直前でラインより低い位置と思いダブルタックで本部船の右サイトをキープ!

後続艇が本部船のスターンまでは上りきれないと状況でしたので、本部船のスターンギリギリからスタートライン上へアプローチ!

思ったより良いポジションをキープ出来たことと、下艇と後続艇が気になりラインをオーバーしてしまったようで痛恨のリコールをしてしまいました。

最初は自艇ではないと思って、即タックからポートでそのまま行こうとしましたが、やはりリコールを取られてたようで、本部船手前をベアダウンしてからジャイブをし、更にタックして予定通りポートで羽田方面へ帆走!

出遅れましたが、このコースを選んだのは当艇のみ!


その後、帆走しながら他艇との角度をチェックすると当艇は高さが変わっていませんでしたが、スターボーで帆走している艇は、どんどん高さが落とされて行きました。


途中、寄せタックをしてスターボーで帆走しましたが、左に横流れしましたので直ぐポートに返し上マークのレイラインまで伸ばしました。


結果的にこの判断が風の良い海面を帆走でき、潮の影響も少ないコースを引けました。

ダブルハンドでしたが、ロールタック、スピンアップも問題なくでき、着順2位、修正1位で優勝できました。

レースお疲れ様でした。





◆ 第11回ガッツリ練習会 ◆

5月12日(土)に、第11回ガッツリ練習会!

天候も良く、風も南8~14ノットと練習には最高のコンディションでした。


P5120002.jpg


この日も、ミネルバ艇と合同練習!

当艇はフルメンバー5人が集まったが、メイントリマーが午後から仕事の関係で早目に帰らなければならないので、いつもより1時間早めの8時30分位集合し9時過ぎには出航。


P5120003.jpg


いつものように第3鉄柱を下マークにして、そこから南へ約0.2マイルに上マークを設置!

スタート3分前から1~2回のタックで上マーク回航し、上下マークを約8~10分で帆走する回航練習を休憩なしで11時頃まで約1時間半行う。


P5120007.jpg


回航練習は、スタートも実践をイメージし、上スタ、下スタを数回ずつ行い、上マークへもスタボーアプローチやポートアプローチを行い、上マーク回航からスピンアップはベアウエイセット、ジャイブセットなど、あらゆるクルーワークを行う。


P5120024.jpg


フルクルーの5人が揃うと、各ポジションの動きも良くスムーズなクルワークが出来ているが、練習中は出来る限り動きに無駄がなく、かつ、何を一番に重要視するか・・


当艇では、上マーク回航時は、ティラーの切り角度の滑らかさと、ベアウエイ角度とヒールバランスなど。

下マーク回航時は、アプローチラインとティラーの滑らかな切り方と上り角度、そして、ヒールバランスなど色々ありますが、究極のクルーワークは、その重要視していることが頭で考えなくても、自然に出来るよう練習を行っています。


P5120027.jpg


その後、当艇からバウマンがミネルバ艇に移り2艇でスタートから上下の回航練習を行う。


P5120038.jpg


南風に対して南からの上潮が強くなり、スタートアプローチの時間と距離が合わせが難しくなったがそれも練習のうち・・

スタートで2艇に差がつきすぎると、やり直しを何度も行った。

イーブンでスタート出来た場合は、その後の帆走モードの切り替えやタックのタイミングなどこの日も最高の練習が出来ました。


P5120042.jpg


少し早目でしたが14時半に海上を引き上げ15時にハーバーバック!

その後、後片付けを終えて夢マリに来たミネルバ艇の2名を含めて16時半から熱心なミーティングを行った。


P5120047.jpg P5120046.jpg

◆ 第10回ガッツリ練習会! ◆

4月30日(月・祝)は、GW2回目のガッツリ練習会!

この日も、ミネルバ艇との走り合わせを行う。


20180430第10回ガッツリ練習会写真2


クルーは前回より1人少ない4人で、風が午前中から強風だったためストレート練習をメインに行う。


20180430第10回ガッツリ練習会写真1


クローズ帆走は、約1時間半程休み無しで行い羽田沖まで行った。

そこで、飛行機の着陸する様子を眺めながらランチタイム!


20180430第10回ガッツリ練習会写真11

20180430第10回ガッツリ練習会写真12


食後もクローズを約30分帆走してからダウンレグを約1時間半行い、この日は少し早目に上がった。


20180430第10回ガッツリ練習会写真13 20180430第10回ガッツリ練習会写真14 20180430第10回ガッツリ練習会写真15



◆ 第9回ガッツリ練習会! ◆

4月28日(土)は、第9回ガッツリ練習会!

GW初日のこの日は、フルメンバー5人が揃ってミネルバ艇との走り合わせを行う。


第9回ガッツリ練習会 写真1

第9回ガッツリ練習会 写真2


風も軽風から中風、そして強風と頻繁に変化しセールチェンジが忙しい一日となった。

久々のフルメンバーだったが、回航練習でのクルーワークはスムーズにこなせた。


20180428第9回ガッツリ練習会写真6

20180428第9回ガッツリ練習会写真7 20180428第9回ガッツリ練習会写真8 20180428第9回ガッツリ練習会写真9


20180428第9回ガッツリ練習会写真10

20180428第9回ガッツリ練習会写真11 20180428第9回ガッツリ練習会写真12


◆ 第8回ガッツリ練習会! ◆

4月14日(土)に第8回ガッツリ練習会を開催。


20180414第8回ガッツリ練習写真1


20180414第8回ガッツリ練習写真9


この日は、ゲストとしてヨシオさんとナエコさんが練習会に参加して頂きました。


20180414第8回ガッツリ練習写真3 20180414第8回ガッツリ練習写真4 20180414第8回ガッツリ練習写真5 20180414第8回ガッツリ練習写真6


20180414第8回ガッツリ練習写真7 20180414第8回ガッツリ練習写真8



20180414第8回ガッツリ練習写真12






このカテゴリーに該当する記事はありません。