◆ 第9回スバルザカップ! 今年も運営お手伝い(^_-)-☆ ◆

第9回スバルザカップ!

レースで入賞された皆様、おめでとうございます。

そして、レース運営に携わった実行委員会、運営スタッフ、多くのスポンサーの皆様ありがとうございました。


P7160002.jpg


今年は、天候は晴れで安定した南西の風に恵まれて、午前中は風速3~5m、午後は風速6~10mとなり、何艇かはリタイアした艇はあったようですが多くの艇がフィニッシュでき、良い大会が出来たのではなかと思います。


P7160017.jpg


今年グループ優勝した艇は全て浦安マリーナ所属艇だったようで、昨年に続いて連覇された艇もあり、本当に素晴らしいことだと思います。


P7160046.jpg


イーグルⅠ世は、過去の第1回~第5回(その内、第4回は中止)大会まで参加し、その間、運も味方してくれたお陰でグループ優勝を通算3回達成することが出来ましたが、その後、イーグルでは参加せず、第6回はヤマハ31Sで参加しましたが微風のため途中ゲート前タイムリミットでした。そして、第7回、第8回、今年の第9回は、マーク設置など当日の運営のをお手伝いしています。

今回のようなコンディションですと運営をやるより、レースに参加する方が楽しい感じもしますね!


P7160085.jpg

P7160093.jpg


毎回、実行委員会の皆さんは、大会終了後にレース運営の反省点を話し合い、翌年はレースの数ヶ月前から準備のため仕事を終えてから多く時間を裂いて打ち合わせを行っています。


P7160012.jpg


どの大会もそうですが大きな大会は、実行委員会の皆さんがいて初めてレースが開催されていることを考えると本当にありがたいことだと思います。


P7160033.jpg


自分も第1回から第3回までレースに関する公示や帆走指示書作成など、実務的なことを行っていました。

その後、TYC広報委員としてホームページの運用が忙しくなり、スバルザカップの実行委員を退きました。


レース運営で大事なことは、その大会を成立させるために保安庁から開催許可を頂くことにありますが、大型船の往来が多い海ほたる近辺の複雑な海域で、100艇近い参加艇のヨットレースが行われることは本当に凄いことで、実行委員会の皆さんのこれまでの努力と参加者のレースマナーが評価され毎年レースが開催されていると思います。

来年は第10回のメモリアル大会になるようですので、いつもより盛り上がる感じがします。


ちょっと気になるのが、現在、東京夢の島マリーナを運営しているスバル興業さんですが、平成29年度末をもって借受者として東京都との貸付期間が終了することから、現在、平成30年4月より運営を行う借受者を公募しており公募受付が8月1日~3日までした。

今後、申込者の審査があり11月中旬に次の借受者が決まり、12月上旬から翌年の3月末まで引き継ぎになるうようです。


何とか、スバル興業さんが次も借受者に選ばれるよう頑張て頂きたいものです。


東京夢の島マリーナ借受者公募のお知らせの記事



◆ TYC第5戦 七夕レガッタ ◆

逗子マリからの回航の翌日7月2日(日)は、TYC第5戦 七夕レガッタ!


P7020511.jpg


TYC第4戦があった6月18日(日)は、逗子マリへの回航があったので、レースに参加出来なかったが今回は前日の回航の疲れもあったが何とか参加出来た。


P7020525.jpg


P7020528.jpg


この日のレースは、プチロングのショートディスタンス!

ディスニシー沖から南へ約6マイルに回航マークが設置された往復12マイルのコース!


P7020556.jpg


P7020558_201707080923309ee.jpg


P7020554_2017070809232747e.jpg


天気は良く、風はスタート地点で南西約6~10ノット!


10時30分にクルージングクラスとレースCがスタートし、当艇のレースBとAは10時45分スタート!


P7020566.jpg


コース途中で風が弱いところもあったが、回航マークに対してほぼ1本コース!

往路はスターボークローズ、復路はブロードリーチ!


本部船よりからのスタートを選択し2~3分前からスターボーでアプローチに入るが、スタート約1分前から本部船寄りが込み合ったので一瞬アウター寄りに変更しよかと思ったが、その後、アプローチラインが空いたので本部船スターンのギリギリからほぼジャストスタート!


P7020565.jpg


今回のレースはプチロングなので、スタート後は高さより飛距離を出す為、艇速を重視しギアは1~2速を意識し約5ノット前後で帆走した。

その後、先行する艇の動きを見ながらブローや風向を予測し、右海面の西寄りが伸びているようだったのでタックしポート帆走!

この辺りの海面は風が弱くなり艇速も2~3ノットに落ちたが、回航マークが見えてきた辺りでスターボーに戻し、その後、風も復活し約6ノットで帆走!


クラス上位でマークを回航し、スピンアップから即ジャイブ!

ダブルハンドではあったが、トラブルなくセットアップでき、ブロードリーチにて快走!

周囲に同クラスの艇が3艇あり、しばらく先行から並走していたが他艇は水線長の長い艇でしたので徐々に引き離されてしまいました。スピントリムをいじり過ぎて艇速が落ちてしまったこともあったので今後の課題ですね! ちょっとしたスピードのロスが、ブロー帯から取り残されてしまうこともありますね!


約1時間の往路帆走にて無事フニッシュ!


レースの所々で反省点はありましあが、楽しいレースでした。








◆ 逗子マリから夢マリへの回航 ◆ 

初島ダブルの翌週7月1日(土)は、逗子マリから夢マリまでイーグルを回航した。

朝4時に起きて、五反田駅を5時頃の山手線に乗り、品川駅から横須賀線にて逗子駅へ移動!

逗子駅には6時半頃到着し、タクシーにて逗子マリへ向かい準備を行い7時半頃に出航!


DCIM1863.jpg


DCIM1867.jpg


天気は良く、風も予報通りの南風10~14ノットで、最初は城ケ島に向けてスターボーのクローズにて帆走!


定置網が結構沖にもあり注意しながら帆走し、約3時間ほどで城ケ島の三崎を抜けて東京湾奥へ向けてポートのブロードリーチで快走!

この辺りも岸よりは定置網があり、結構沖出しをしないとヤバいです。


浦賀水道の本船航路に注意して、順調に剣崎と観音崎まで来た。

この日は、本船の往来が多く航路を避けようとしていたら、中ノ瀬航路から千葉よりを通過してしまいそのまま航路を横断せず木更津方面へ向かった。

この横浜沖辺りから風が弱くなり更に北風に風向が変わって追い風から真上り状態でタック・タックのクローズ帆機走!


DCIM1872.jpg


DCIM1876.jpg


海ほたる近くまでくると、風がなくなり機走になりましたが、マーキュリー3.3馬力で残り約15マイルをフルスロットルでは負担が大ききと思い、5割程度のスロットルでのんびり回航!


それでも、途中、数分程度の休憩を入れながらなんとか風の塔を16時頃通過し、通常なら約2時間くらいで夢マリに行けるところですが、東京港への侵入航路への本船の往来がかなりあり、何隻も通過待ちをした。

そんなタイロスとエンジンの調子を伺いながら機走し、何とか日没前の19時に夢マリのバースにたどり着けました。


DCIM1884.jpg


その後、簡単な片づけを行い帰りましたが、家を出て帰ってくるまで約15時間ですから疲れますね・・・


DCIM1889.jpg


でも、トラブルもなく無事に帰って来れたことが何よりです。(^_-)-☆




◆ 第29回 初島ダブル本番 ◆

第29回 初島ダブルに4年ぶりの挑戦!

恒例のレッドブルチャージで朝6時にドックアウト!


初島2


P6240355.jpg

 

陸上サポートは齋藤さん(ち~ちゃん)にお願いした。


P6240378.jpg


P6240399.jpg


本部船にチェックインして、7時の定刻にスタートするが・・・ 無風状態。。。


P6240445.jpg P6240443.jpg


その後、微風が続いたが、昼前に入ってきた南東~南のブローの風に乗って6ノット前後のクローズリーチで初島に到着!

回航時のブランケも上手く抜け出し、初島灯台が方位0 °に見えるマグゼロコールを14時40分頃に行う


初島4


回航後約22マイルを残り約6時間で帆走するには、平均4ノット近い艇速が必要で、途中幾度かブローを掴みましたが、その後、良い風が続かなく19時の日没時にフィニッシュまで残り10マイル地点で風は

超微風・・・

この後、タイムリミットの21時までの2時間で帆走出来る風が吹く状況ではなかったため、無念のリタイアを決断! 


P6240465.jpg

P6240464.jpg

P6240466.jpg


参加91艇中フィニッシュ出来たのが25艇で、ポテンシャルが高いF、Gクラスの中型、大型艇が多く、7クラス中、小型艇のA、Bクラスは全滅...
C、D、Eクラスも1~2艇のみのフィニッシュで厳しいレースでした。
長時間のレースとなり、参加者、大会運営の皆様、遅くまでお疲れ様でした。


出航6時、帰港22時30分、片付けを終えたのが23時30分で、その後、近くの宿へ戻って遅い晩御飯を食べ爆睡しました。


初島1


色々ありましたが楽しめました。

レース翌日は、逗子マリーナのブルービスタにて表彰式が行われ、多くの参加者と関係者が集まりました。


初島7


1~3位の表彰後にフィニッシュ出来なかった各クラスにて行われたジャンケン大会に勝ち、


HHデッキブーツ


HF91670.jpg


康次郎サポート ヘリーベア


HA91740_B.jpg


そして、ウイスキー、タオルなど豪華商品を頂きましたので、一緒に参加した本吉さんにブーツとお子様へぬいぐるみを、そして、ウイスキーは同型艇の知り合いにプレゼントしました。


来年は、第30回の記念大会のようです。
今年のリベンジしたいですね~


7月1日(土)に、逗子マリから夢マリにイーグルを回航します。
朝6~7時に出航し、のんびりゆったり12時間くらいかけて、日没までに夢マリへ帰港できればと思っています。


お疲れさまでした。(^_-)-☆

◆ 夢マリから逗子マリへ回航! ◆

6月18日(日)朝7時過ぎに夢マリを出航!

逗子マリまで約45マイルを、ちーちゃんと2人で回航!


19146071_1385966558150883_6326588352387459488_n.jpg


19146250_1385995744814631_1308057466646920771_n.jpg


P6180263.jpg


19146130_1385995794814626_1949860958058302664_n.jpg


午前中は、北東6~8mの追い風で快適な回航だったが、昼近くから雨が降り出し午後からは土砂降り。。。


P6180267.jpg


視界も悪くなり、プチサバイバル状態!

何とか日没前の18時頃に逗子マリに到着!


19225259_1385995834814622_3416270215071461428_n.jpg


回航用としてヤマハ8PSを装着して回航を行ったが、前日の練習会で使用していた際は問題なかった。


しかし、この日の回航時に排水が詰まり気味になり、結局約1時間ちょっとで冷却用の排水が出なくなってしまった。このままではエンジンが焼き付けを起こしかねないので停止し、マーキュリー3.3PSに交換!


幸い風が追い風だったので、ほとんどエンジンを使用しなくても観音崎から剣崎辺りまで回航でき、その後は雨が強くなってきたので半機走を行い、相模湾に入ってからはエンジンを止めてスターボーのクローズで帆走!

その後、マリーナへの入港の際にエンジンを使用しくらいだったので、8PS用で積んできた約50Lの燃料は最初の8PSが約5L使用し、その後の3.3PSは3Lくらいしか使用しなかったのでかなり余りました。


逗子マリのスタッフの方に交渉したエンジンについて相談し、初島ダブルへ参加する間に修理をして頂くことになり一安心!

何とか後片付けも終えることが出来ました。


帰りの電車はグリーン車にて、お疲れさんの一杯を頂いて帰りました。


19225469_1386372248110314_6289085697786107473_n.jpg


19275226_1386372234776982_2078249049038300277_n.jpg


19274761_1386372218110317_2503170809630031356_n.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。