◆ リグチューニング ◆

新しく作成したリグ交換は2週に分けて行い、まずは、出来上がったリグの長さを計測し当艇の長さに調整した。

そして、バックステーのメインとなるシートの交換など下準備!

その翌週にマストダウンを行い、リグとバックステーのフリッカー交換を行う。


リグ関係の交換が終え、23日にマストチューニングを行う予定だったが、この日は午前中から生憎の雨模様・・・


DSC_0681.jpg


しかし、昼頃からカラッと晴れたので午後にセーリングによるマストチューニングを行った。


DSC_0687.jpg DSC_0690.jpg


風は思ったよりも弱く微軽風のチューニングは何とかできたが、強風域のセッティングはまだ良く解らない状態・・・


DSC_0677.jpg


まあ・・ 気長にのんびり練習の合間を見ながらチューニングデータを集めたいです。


スプレッターを交換したことで、リグ交換に発展しましたがこれも良い機会だった感じです。


これで、爆風30ノットでもガッツリセーリング出来るかも知れません・・・


リグのターンバックル先端のブランクをデッキプレートに設置すると、ブランクに大きな隙間がでるので位置がずれないようにゴムワッシャーとして厚さ1mm、3mm、5mmを自作!


DSC_0673.jpg


DSC_0698.jpg


DSC_0701.jpg


ヨットはセイルが命ですが、そのシェイプを作り出すのがトリムでありマストのベント量が大きく影響してきます。

そして、そのマストに対してはリグやスプレッターが重要となり、今回、これらが全て新しくなったことで艇がリフレッシュし、新たなセーリングパフォーマンスが味わえるか楽しみです。




◆ リグメンテナンス ◆

9月に開催予定だったミニトン全日本選手権が台風の影響で中止になり、琵琶湖遠征が無くなったが陸送準備でマストダウンした際、スプレッターの付根が大分擦り減っていたので、マストアップする際、メンテを含めて新品に交換したが左右の角度が今までより少し開き気味になったため、マストチューニングが変わってしまった。


6_20170922182028dea.jpg


その後、チューニングは一からやり直すこととしたが、リグ関係も10年以上変えていないのでこの際交換することにした。

TYCレースの残り2戦の合間を見ながら交換作業を行う。


来年に向けて、新たなメンテナンスを開始したが、やはり、リグチューニングはセイルへの影響が大きいので、じっくり時間をかけて行いたい感じもします。


22528548_1496502887097249_5657344241317312657_n.jpg


オフシーズンとなるこの時期がレース日程に縛られずに思う存分、艇のメンテナンスが出来ますし寒さもまだ厳しくなので良い時期かもしれません。


後は、リフレッシュした艇で練習あるのみですね!


◆ TYC第9戦 ◆

11月12日(日)は、TYC第9戦の最終戦!

天候は晴れで風は午前中は強く北20ノット近くあった。


PB120530.jpg


レースコースは、上下4レグのショートディスタンス!

この日は、メントリとバウマンが揃いピットを含め4人で参加!


PB120546.jpg


レース海面に着くと、風はまだ15ノット前後あり、セイルチョイスをどうするか悩む・・

予報では昼近くに向けて徐々に弱くなる予報だったが、まだ、弱くなる気配がなったので№2ジブを選択!


PB120554.jpg


ところが最初のクラスがスタートすると、風が急に弱くなり10ノット以下になりそうな気配になったので急遽№1ライトジェノアに変更した。


PB120559.jpg


本部船上一でジャストスタート切ったがゼネリコとなりやり直し!

再スタートも本部船上一でジャストスタートが出来ていい感じで帆走出来たが、この日は風の振れが激しく、スポット的に20~30度一気に振れることもあった。


PB120562.jpg


1レグから2レグのダウンウインド終了までクラス上位に位置し下マーク回航!

その後、クローズで艇団が左右に分かれ大きな風の振れがあり、当艇が不利なポジションであったため3レグ終了後の上マーク回航で、同クラス3艇に一気に先行されてしまった。

その後、ダウンウインドのスピンランでフィニッシュラインに向かうが、徐々に風が弱くなり先行艇との差が更に開いたが、今回は何とかフィニッシュ出来た。


PB120560.jpg


第9戦の結果は、修正でレースクラス2位!

7戦~9戦までの3レース集計でクラス2位にもなっていたのでワインの景品を頂きました。


PB120610.jpg


レース後半に食らった大きな風の振れでリードしていた分が逆にゲインしてしまったが、リードした時点で冷静に他艇との位置関係を考えながらコース取りをしていれば、また違った結果が出たかも知れないが、これも良い経験になった。


今回は、4人でのレースだったので操船がとても楽だった。

はやり、各ポジションが動いてくれることで、ヘルムスに集中できるとレースが更に楽しめる。


今年は、これでイーグルのレース活動は終了となるが、レース前日に行ったリグの交換に伴いマストチューニングを11月23日(木・祝)に行う予定です。



◆ TYC第8戦 ◆

11月はTYCレースが2週続いた。

まず、11月5日(日)は、TYC第8戦 (^O^)/


252130435_624_v1509950940.jpg


葛西臨海公園沖から風の塔方向へ南下し、回航マークを往復する約10マイルのショートディスタンス!

風は北~北東4~12ノット!

スタートから回航マークまではダウンウインドで、回航後はスターボードでクローズ帆走の片上り!


252130443_624_v1509958950.jpg


今回も、当艇は通常ピットの齋藤さんと2人のダブルハンド!

スタートもまずまずで回航マークまでは艇速5~6ノットのスピンラン!

同クラス艇に何とか食らいついて、マーク回航後はフィニッシュ近くまで来たが風が弱くなり少し後ろに周った。

ダブルハンドだったので№2ジブを選択していたが、風が弱くなりアンダーパワーで艇速が伸びない・・・

クラス上位フィニッシュ艇と出来るだけタイム差を縮めたかったので一か八かスピンアップを試みる!


252130455_large_v1509951004.jpg


何とかスピンランで帆走しフィニッシュラインまで、あと2~3艇身の目の前に来たところで風が前に振れスピンが潰れたと思ったら風が一気に無くなり、艇がアンコントロールに・・・

フィニッシュが目の前だっとこともあり、上り角度で無理したことと焦りが艇の行き足も止めてしまった。

当艇のところだけが風が無くなり、手が届くほどの目の前にあるフィニッシュラインが遠く感じました。

引き潮の影響もありラインにも近づけず約15分もがき続けて、南から入ったブローでやっとフィニッシュ・・・

結果は、修正でも最下位の8位でした。

レース中の戦略として、色々反省する点もありましたが、前向きにチャレンジした失敗はその経験が次に繋がるかと思います。





◆ TYC第7戦のレース ◆

10月15日はTYC第7戦のレースでした。
雨模様でしたが北4~6mの良い風で6レグをダブルハンドで完走出来ました。


22459344_1497774493636755_2761453482432028343_o.jpg


結果は、今期、クラス初優勝!

バウを走り回った齋藤さんの苦労の賜物です。


2017TYC第7戦リザルト